【大日本 岡林裕二】原点である地元高知で凱旋興行

12月13日、故郷高知で凱旋興行を行う岡林裕二。毎年チャリティイベントとして開催していた「ピッサリ祭」は、新型コロナのため中止に。今回は「ピッサリ復活祭」として開催。BJW認定世界ストロングヘビー級王者として、ベルトを持って故郷高知で大会を行う岡林選手に話を聞いた。

――いよいよ今週末、地元高知での凱旋興行ですね。これまでも高知大会は定期的に行われていたのですか?

岡林:今年は初めてになります。去年は2年ぶりに行われました。それとは別にチャリティイベント「ピッサリ祭」というのが行われます。それは兄や兄の友達、地元商工会・青年部のメンバーが、自分がデビューした2009年夏から毎年開催してくれるんですよ。

 ただ、その「ピッサリ祭」は、残念ながら今年コロナの影響で開催できませんでしたが、地元の皆さんに支えて頂き10年以上続いています。

 それとは別に四国のプロモーターに関さんという方がいて、昨年に引き続き2年連続で高知大会を開催してくれてました。

――今回、改めてBJW認定世界ストロングヘビー級王者として凱旋するので地元の方も喜んでくれますね。

岡林:先日、11.23大阪で関本さんと闘ったんですけど、地元で応援してくれる方々から「(関本に)ベルトを取られたら高知に帰ってくんな!」って言われてたんですよ。それが凄いプレッシャーで(笑)

 それも直接じゃなくてTwitter上でツイートされるんですよ。なので「Twitter上ではやめてくれ」と…。

――いろいろな形の応援がありますから(笑)でも防衛できて一安心ですね。

岡林:はい、何とか防衛しベルト姿を地元の皆さんの前に披露することができるので嬉しく思います。コロナの影響で「ピッサリ祭」も中止になりましたが、高知の人たちに喜んでもらえると思います。

――今回、昨年11月より1年近くベルトを保持していた橋本大地選手を破り獲得したわけですが、後輩である橋本選手の成長はいかがですか?

岡林:ベルトを獲得してから、タイトル戦を重ねるごとに、身体も大きくなってチャンピオンとしての立ち振る舞いであったり、雰囲気も変わりましたね。

 今年10.21後楽園でタイトルマッチがあり前哨戦で闘った時、以前はチョップ1発で怯んでいた大地が、全く微動だにしないんですよ。大地の変化を肌で感じましたね。

――やはりチャンピオンとしての責任感でしょうか?

岡林:それは大きいと思います。関本さんや入江選手と闘って6回防衛してまうから自信がついたんでしょう。

ナレーター・実況・リングアナ・ラジオパーソナリティ・イベントMC。野球やカヌー等、スポーツ実況を担当しているうちに選手個人に興味を抱きライターを志す。アスリートの心の声を読者に届けるように取材します。