【DDTプロレス 遠藤哲哉】約1年ぶりのKO-D無差別級王座戴冠へ(前編)

3月20日「Judgement2022〜DDT旗揚げ25周年記念大会〜」を両国国技館で行うDDTプロレス。そのメインイベントで竹下幸之介の持つKO-D無差別級王座に挑戦する遠藤哲哉。前回2人のタイトル戦が行われたのは2019年7月の大田区大会。「王者」遠藤が竹下の挑戦を受け惜敗。新生BURNINGのリーダーとして進化した遠藤哲哉が2年8ヶ月前の屈辱を晴らす。

――前回の取材が2020年11月、実に1年4ヶ月ぶりの取材です。当時、遠藤選手はKO-D無差別級王者、2.14カルッツかわさきで挑戦者の秋山準選手と戦う前でしたね。

遠藤:そんなに経ちましたか(苦笑)。僕がベルトを持っているときは、自分よりキャリアが浅い選手と戦う方が良いと考えています。若い選手の経験になるし成長のキッカケにもなる。それが団体の活性化に繋がると思っています。ただあの時は、その思いとは真逆の大ベテラン秋山選手と戦いましたね(苦笑)。

【DDTプロレス 遠藤哲哉】激動の2020年

――チャンピオンの時、若手選手のことを考えているんですね。そういえば以前のインタビューで遠藤選手は怪我で欠場した吉村直巳選手にアドバイスしていました。その記事を吉村選手が「『泣いちゃう』と思いながら読みましたよ」と嬉しそうに話してくれました。

遠藤哲哉 サスケスペシャル

遠藤:僕どんなことを言っていましたか?

――「欠場期間は自分と向き合える時間がたくさんある。そこで考えて吉村には『自分のためのプロレス』をしてほしい」と。

遠藤:吉村は優しいんですよ。それがリング上で出てしまう。せめてリング上では優しさを封印して自分のために戦って欲しいと思い、話した記憶がありますね。

【DDTプロレス 吉村直巳】HARASHIMAさんとベルトを巻くことに意味がある

――遠藤選手は後輩思いの優しいレスラーですね。当時はDAMNAITIONですけど(苦笑)。話を戻すと2021年2月に秋山選手に敗れベルトを失ってから、2020年の輝きが薄らいだように感じました。

遠藤:少しだけプロレスから気持ちが離れた時期です。それでモチベーションを上げるために「フィジークの大会に出場しよう」と決めたけど、正直プロレスとの両立はキツかった。

関連記事