• HOME
  • 記事
  • カヌー
  • 【カヌーホーム 尾野藤直樹】選手たちに少しでも競い合う舞台を用意したい

【カヌーホーム 尾野藤直樹】選手たちに少しでも競い合う舞台を用意したい

2019年に埼玉県川口市で日本初のエルゴ選手権大会を開催した一般社団法人カヌーホーム。だが2021年1月に予定していた現地開催はコロナ禍のため中止、代わりに「第1回オンラインエルゴ大会」が開催された。そして今年も3月5日(土)にオンラインでの開催が決定(当初の1月より延期)。昨年の参加者11拠点141名を大きく上回る16拠点170名(録画参加含)の参加が見込まれる。大会を主催したカヌーホーム理事の尾野藤直樹さんに話を伺った。

――エルゴ大会は、どんな経緯で開催しましたか?

尾野藤 直樹(以下 尾野藤):2019年1月に第1回エルゴ選手権大会を川口の商業施設 ララガーデン川口で開催しました。翌2020年は規模が大きくなり2日間に渡り、ララガーデン川口で開催。アニメ化もされた『君と漕ぐ』の作者・武田綾乃さんのサイン会も行いました。

【パラカヌー 小松沙季】私がカヌー選手として活動することで車椅子や障害を持つ人が挑戦できる環境が整うのではないか

――初開催してから3年が経つんですね。ところでクラス分けはどのようにしましたか?

尾野藤:「小学生」「中学生」「高校生」「シニア」「マスターズ」です。参加人数でいうと中学生や高校生が多いですね。参加した選手からは「また来年開催してほしい」「楽しかった」という声がたくさん届きました。

2019,2020年は川口ララガーデンで行いました。間近で一般の方々に観ていただく機会が少ないので良い経験になったという意見も届きました。

また普段、選手は水面で競技を行うため、一般の方々に間近で観られることが少ない。ですから「近くで声援を受け、良い経験になった」という意見も届きました。2年連続で出場してくれるチームや選手は多かったですね。

【カヌーホーム 江盛咲子】カヌーを大事に思ってもらえる環境を!

ただ2021年はコロナ禍のため、現地開催が出来なくなった。しかしエルゴ大会を楽しみにしている方々が全国にたくさんいます。「開催しない」のがもったいないと。特に冬季はカヌー競技がシーズンオフになるため、各選手が県をまたいで交流することが少ない。これもエルゴ大会を開催した理由の一つです。ですからコロナ禍での大会開催をスタッフと模索しました。そこで思いついたのが「オンラインエルゴ選手権大会」です。Wi-Fi環境があれば日本中の選手とオンラインで繋がることができると。それで昨年オンラインでの開催に踏み切りました。

関連記事