【スノーボード 五十嵐幸太】スポーツの力で北京から皆さんを元気にできたら…(第3回)

2月4日に開幕する北京オリンピック。スノーボードクロスは2月9日 女子競技、10日 男子競技、そして12日 新種目 混合団体が行われる。そのスノーボード/スノーボードクロスチームのヘッドコーチ 五十嵐幸太さん。2009年現役引退後コーチに転向し後進の育成に力を注ぐ。第3回は北京オリンピックについて。

<第2回はこちら>
――スノーボードクロスの楽しみ方を教えていただけますか?

五十嵐幸太(以下 五十嵐):スノーボードクロスは4名の競技者が同時にスタートして全長約1000mのコースを走り順位を競います。その間にバンク、ウェーブなどの特殊な地形をクリアしていきます。F1レースのように抜いたり抜かれたり、選手同士の接触があったりします。

最初のバンク(ファーストコーナー)に何位に入れるかが勝負を左右するんですよ。このファーストコーナーの順位の奪い合いを見て欲しいですね。

――このファーストコーナーを1位で通過するのと2位で通過するのは全然違いますか?

五十嵐:その後のレース展開をかなり左右しますね。ファーストコーナーの順位によって後半のレースが変わってきます。全選手、同じコースを滑りますが、「どのラインを滑るか」というライン取りがあるんです。

あとはレース中盤、抜きつ抜かれつのポイントがあります。北京のコースは第2バンクから第3バンクの距離が長い。このポジションどり、あとは第5バンクのインの奪い合いが見所ですね。

――スピードを競うだけではなく、同時に他の選手も気にしなければいけない。転倒する危険性もありハラハラドキドキの競技ですね。

五十嵐:ただ怪我人を多く、女子日本代表の中村優花も昨年2月に前十字靭帯を断裂しました。レース会場にドクターヘリが来ることも少なくありません。

――スノーボードは雪上の格闘技ですね。

五十嵐:男子日本代表の高原宜希が、「『雪上の格闘技』じゃなく『雪上のF1』と呼んでくれないかな。格闘技と言われても戦うわけではないし、F1と言われた方がカッコ良くないですか?」とボソッと話していましたね(笑)。

関連記事