【スノーボード 五十嵐幸太】自分がして欲しかったことを選手にしてあげたい(第2回)

2月4日に開幕する北京オリンピック。スノーボードクロスは2月9日 女子競技、10日 男子競技、そして12日 新種目 混合団体が行われる。そのスノーボード/スノーボードクロスチームのヘッドコーチ 五十嵐幸太さん。2009年現役引退後、コーチに転向し後進の育成に時間を費やしてきた。第2回は現役引退からコーチになった経緯について。

<第1回はこちら>
――想定外の苦労?それはどのような苦労でしょうか?

五十嵐幸太(以下 五十嵐):当時、私はほとんど英語も話せず、国際感覚もなかった。行き当たりばったりでニュージーランドやスイスに行きました(苦笑)。

ニュージーランドにいる時、隣の国オーストラリアで大会があることを知り、慣れない英語でチケットを確保しオーストラリアに行ったら、大会が吹雪でキャンセル。移動や宿泊施設のお金だけ支払い帰ってきたことがあります。自然が相手のため、吹雪・雪不足等で中止になることがあるんですよ。これはさすがに凹みました(苦笑)。

翌日スキー場に上がることを予定していても、当日強風でスキー場がクローズ。スキー場にすら入れないことがあります。ですから臨機応変に対応しなければいけません。

――野外で行うスポーツは環境に左右されますよね。ところで2006年前後の活動拠点はニュージーランドでしたか?

五十嵐:ニュージーランドは南半球で日本と季節が逆です。だから毎年夏に2ヶ月弱行きました。あとは千葉県船橋市にあった屋内スキー場「ザウス」にも行きました。

――「都会で1年中スキーができる世界最大の屋内スキー場」ですね(笑)。

五十嵐:そうです(笑)。日本が夏になるとニュージーランドに行って、その後11月からヨーロッパに行くのを毎年繰り返していました。

――苦労話を伺いましたが、逆に楽しかった思い出はありますか?

五十嵐: 2006年ニュージーランド選手権で優勝したこと。その時ライバルだった千村格さんに、初めて大会で勝つことができた思い出深い大会ですね。彼はトリノオリンピック日本代表選手です。

関連記事