• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【ガンバレ☆プロレス 翔太(4)】プロレス好きが揃う後楽園だからこそ見せたいものもある

【ガンバレ☆プロレス 翔太(4)】プロレス好きが揃う後楽園だからこそ見せたいものもある

9.25ガンバレ☆プロレス後楽園大会で新井健一郎とのタッグ“ハッとしてgood”が持つIJタッグ王座の防衛戦を行う翔太。(4)は若手通信世代、上野勇希とのDDT UNIVERSAL戦、そしてIJタッグ王座への想いを語ってもらった。

<(1)はこちら>
<(2)はこちら>
<(3)はこちら>

――2020年11月に若手通信世代でKO-D6人タッグを保持していました。久しぶりに組んでいかがでしたか?

翔太:すごく新鮮でした。10年前、若手通信(=若通)はキャリア5年目以内の選手で、僕はゲスト参戦。当時はDDTの選手と他団体の若手という括りがありました。その後も彰人さんと平田さんとは会場で会いますけどリング上で絡むことはほとんどなかった。でも今回、僕はガンバレ☆プロレスで同じDDTグループ、一緒に同じチームとしてやれた気がします。

――改めて若手通信世代で活動することになったキッカケはなんですか?

翔太:2019年のビアガーデンで彰人さんとシングル対戦がありました。これがキッカケですね。2019年6月DDT後楽園のアンダーマッチ、誰かが欠場して渡瀬瑞基とシングルをやっているんですよ。その時も普段使っていない技を実験的に出して渡瀬に勝った。それを彰人さんが見ていて「そういえば翔太とシングルしてないね」と会話をしました。そしたら彰人さんとビアガーデンでシングルマッチが組まれた。その試合が僕の中でのターニングポイントですね。

【DDTプロレス 彰人】副社長とレスラー、2つの肩書き(後編)

――テクニシャン同士の対決です。

翔太:今までDDT本隊のファンの前で僕がガッチリとシングルをやることがなかった。彰人さんとの試合で結構引き出しを開けました。それでお客さんの見る目が変わったと思います。

そして2020年9月に品川で平田さんが主役の「まっする3必殺技大乱発〜大公開通し稽古」があり、僕が感極まって泣いてしまったんです(苦笑)。そこで「若手通信」という言葉を言ったら3人(平田一喜選手・彰人選手・翔太選手)の士気が高まって「やりましょう!」みたいな感じですね。

関連記事