• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【ガンバレ☆プロレス 翔太(3)】「今のポジションでいいや」と思うことはない

【ガンバレ☆プロレス 翔太(3)】「今のポジションでいいや」と思うことはない

9.25ガンバレ☆プロレス後楽園大会で新井健一郎とのタッグ“ハッとしてgood”が持つIJタッグ王座の防衛戦を行う翔太。最近、彼は「欲が出てきた」と話す。それは一体なぜか…(3)はプロレスに対する考え方。

<(1)はこちら>
<(2)はこちら>

――ところで世界中のプロレスに精通している翔太さんがリスペクトするレスラーは、やはりエディ・ゲレロですか?

翔太:1番はエディ・ゲレロです。WWEネットワークにあるエディの試合は全部観ています。メチャクチャ検索して、ほぼ観ていると思います。もちろんECW時代の試合もいくつか上がっているので見ているし、6人タッグだと見てないものもあるかも知れないけどWCWの主要な試合はほとんど見ていると思いますね。

――翔太さんは新井健一郎(=アラケン)さんとタッグを組んでいることもあり職人のイメージが強いですが、「こうなりたい」とか「こう見せたい」とか目指している形はありますか?

翔太:やっぱり「エディになりたい」と思っていますけど、やればやるほど「エディになれないな」と実感します。中学・高校の頃に見ていたWWEの試合を今観るとレスラー目線でエディは驚異的です。勉強していく中、アメリカで2週間だけ元WCWのグレイシアが行うレスリングセミナーに行きました。

座学で英語だったので、なかなか理解するのが難しく大変だったけれど(苦笑)。ここでアメリカンプロレス(=アメプロ)のベースとなるマインドみたいなものを教わったんですよ。当時僕はデビュー10年目、そこで10年間疑問に思っていたことがきれい晴れていきましたね。

【天龍プロジェクト 新井健一郎】今、ベーシックのことだけでプロレスをやりたい

それまで日本のプロレスとWWEのプロレスの違いが分からなくて「なんでWWEみたいに出来ないんだ」とずっと考えていました。WWEネットワークで過去のNWAやWCWのプロレスを観ても「どうも日本のプロレスとアメプロは違う」と。では一体何が違うのだろう…

日本のプロレスを観て自分のプロレスを観て、それを日本のレスラーに話しても理解してもらえない。長い期間「何が違うんだ…」と考えていましたが、そのセミナーで教えてくれたマインドの話で「ハァ!」と僕に気づきを与えてくれました。

――それは具体的には何ですか?

翔太:企業秘密です(笑)。

関連記事