【プロレスリングWAVE 桜花由美】Leonさんとの戦いは必然であり運命 (後編)

<前編はこちら>

――試合前、桜花さんのブログで「人生の分岐点」という言葉があり、「いろいろこの先のことを考えながら試合をしたい」とお話いただきましたが、試合が終わって進むべき道は決まりましたか?

桜花:今まで仕事優先でプロレスを第一に考えてきました。そんなに多くはないけど恋愛しても結婚には至らなかった。会長のGAMIさんが仕事をする人なので、私も休んじゃいけないと思っていました。

【桜花由美】ベルトを獲得したら先のことを想像できる

でもこれからは女としての幸せもちゃんと考えていこうと。ですから結婚も視野に入れていきます。私は結婚できないんじゃなくて、しなかっただけです(笑)。

女としてリミットが来ているし自分の子供が欲しい。だったら結婚相手を見つけなきゃ(笑)。

その時は長期欠場に入ります。今まで、そういうことも出来ないと思っていました。私が長期欠場したら会社が回らないんじゃないかと。プロレスを始めて20年間、WAVE設立して約15年続けてきて野崎渚がチャンピオンに返り咲きトップレスラーになってくれたから私は休めるかな(笑)。

――レスラーじゃなくてもWAVEをバックアップするのは可能ですよね。

桜花:私、裏方の仕事は嫌いじゃないです。自分の試合があって裏方の仕事をしている時が一番辛いですね。8.22後楽園の時も、「WAVEの入場曲がバグって音が出ない」という連絡が何回も来て。とりあえずメイン終わってWAVEの曲を流すので、それまで曲をどうにかしなければいけないとバタバタしてました(苦笑)。

とにかく1回自分の幸せもちゃんと考えてようと。広田さんでも宮崎さんでもWAVE所属の選手がレジーナのベルトを巻いて、団体を守っていこうと考えてくれるのだったら私は一線を退いてもいいのかな。

私がこれから結婚相手を見つけて子供を産んで復帰する時、WAVEが会社として回っていたらいいなって思います。

もちろん運もあるし結婚できるかもわからない。とりあえず「選択肢もあるんだ」というのを自分の中で入れておかないと、このままだと私はずっとプロレスをして孤独死してしまう(苦笑)。

関連記事