• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【DDTプロレス MAO】あの日の約束通りデカイ男になって葛西純の前に立ちたい(後編)

【DDTプロレス MAO】あの日の約束通りデカイ男になって葛西純の前に立ちたい(後編)

現在、DDTプロレスの若手ユニットThe 37KAMIINAに所属、リング上で予測不能な戦いを魅せるMAO。8.15後楽園DDT EXTREME 青木真也戦、8.21富士通スタジアム川﨑 葛西純&クリス・ブルックス戦というビッグマッチを前にMAOは何を思うのか。全2回、後編は2020年2月 田中将斗戦から。

<前編はこちら>

――2020年2月後楽園の田中将斗戦を振り返って貰えますか?

MAO:タッグだと出しきれない部分があります。特にパートナーがベイリーだと展開が早くなりますが、実はじっくりした試合の方が得意だったりします。田中さんとの戦いはそれまで出来なかったことを表現できた試合でしたね。

――ハードコアの道具としてプラケースを使ったアイデアにも驚きました。

MAO:2018年高木さんと抗争しました。高木さんを車で轢いてからハードコアの世界に入りました(苦笑)。その時、葛西純さんとシングル対戦したり、竹田誠志さんと戦ったりしてハードコアに適応していきました。言ってしまえば路上プロレスもハードコアですから(笑)。

その頃、路上プロレスがつまらなく思えてきた時期で、「なぜ面白くないのか?」を考えたら高木さんが「なあなあ」で戦っているからだと。それで高木さんを本気にさせてやろうと思い、車で轢いたら高木さんも本気になってくれました。

――社長を車で轢けるのはプロレスだけですね(苦笑)。

MAO:話を田中戦に戻すと、僕にはイギリスのブリティッシュレスリングやジャパニーズ・ルチャの積み重ねがあり、田中さんとのタイトルマッチでは自分の全てをぶつけたかった。

――シングルプレイヤーとしてのMAOさんの新たな一面が発見した試合でした。

MAO:自分でもそう感じました(笑)。それまで自分はタッグや6人タッグで輝く選手だと思っていたけど「シングルでもイケるかも」と。勝てなかったけど手応えを感じた一戦です。

――その後、2020年6月に左膝靱帯を損傷し約5ヶ月欠場。今年2月後楽園、当時DDT EXTREAME級王者の勝俣選手と「キッズルームデスマッチ・37(サウナ)カウントエディション」を行いました。

MAO:勝俣さんはデビュー2戦目で勝利しDNA時代から5回シングルで戦い負けたことがありませんでした。彼がDDT EXTREAMEのベルトを獲得し初防衛に僕を指名してくれた…だったら思いっきりトコトン戦おうと思いましたね。

関連記事