• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【DDTプロレス クリス・ブルックス(3)】9.26後楽園は2年間DDTでやってきたことを見せる集大成の試合

【DDTプロレス クリス・ブルックス(3)】9.26後楽園は2年間DDTでやってきたことを見せる集大成の試合

9.26後楽園ホールで2年ぶりに竹下幸之介の持つKO-D無差別級王座へ挑戦するクリス・ブルックス。リング外では互いに悩みを相談し合う竹下とクリス。現在の心境は…

<(2)はこちらから>

――8.21富士通スタジアム川崎で葛西純選手と組んでvs勝俣瞬馬選手・MAO選手とハードコアマッチをしました。この試合の感想を教えて下さい。

クリス・ブルックス(以下 クリス):富士通スタジアム川﨑は元々「川崎球場」で、僕が大好きだったIWA JAPANやFMWの聖地だった場所。プロレスラーになる前、13〜15歳ぐらいの時ビデオテープで幾度となく繰り返し見ていました。僕にとっては憧れるというか「神格化」するような存在。それが今自分のツアースケジュールの一部として組み込まれている。川崎大会前日の夜、いつものように荷物をスーツケースに詰め試合の準備をしている時、ふとそのことに気づきました。「これはどんなにありえないことなのか」とね。

昔、海外からビデオテープを取り寄せ画面の向こう側で観ていた場所が自分の生活の一部になっているということが、どれだけありがたく信じられないことかと、親友である大日本プロレスのドリュー・パーカーに話をしました(笑)。

――その憧れの場所である川﨑のリングで葛西選手の隣に立つのは、どんな気持ちでしたか?

クリス:緊張したり興奮したりというのは自分がプロレスファンだった頃の感覚に近い。友達のドリューとかと「川崎のリングに立つよ。やばいよな〜」と話している時とかね(笑)。また試合後ファンが撮ってくれた写真を見て「いい写真だな」「すげぇな〜」とか思ったりしますが、その一方で自分はもうキャリア15年のプロレスラーであり試合を全うしなければいけない責任があります。

【DDTプロレス MAO】あの日の約束通りデカイ男になって葛西純の前に立ちたい

実際に葛西さんの入場曲が流れてきて、「これから入場するぞ」と思うとスイッチが切り替わり、試合中は「プロとして自分がやらなければいけない仕事を全うする」という想いが先にきます。さっき言った緊張とか興奮のような感情は試合の前後感じること。


もちろん自分がプロレスファンとして、いろいろ興奮することはあるのだけれど、会場にはお金を払って観に来てくれているお客さんがいる。僕はエンターテイナーとして提供する側の責任を全うしなければいけない。だから自分自身の「ファンとしての気持ち」は一旦抑えて、あくまで自分はそれを与える側に回らなければいけない。自分がプロレスファンだったからこそ「観にきてくれるお客さんのためにやらなければいけない」と言う責任感が強いですね。

関連記事