【プロレスリングWAVE 6.29蕨】ジェラシー・ブロック公式戦 桜花由美 vs YAKO

2年ぶり12回目の開催となったCATCH THE WAVE 2021。第5戦目となる6.29蕨大会。ジェラシー・ブロックは、全試合終了し優勝は米山香織4点、1試合残し桜花由美3点の2人に絞られた。この日、桜花が戦うのは因縁の相手YAKO。

ジェラシー・ブロック公式戦(15分1本勝負)
桜花由美(3点)vs YAKO(0点)

ブロック優勝以外にもう一つのテーマが存在したジェラシー・ブロック。6.1新宿で勃発した「既婚者vs独身者対決」。桜花由美vs渡辺智子戦の試合後に乱入し、結婚指輪をちらつかせたYAKOとのシングルマッチ。

【プロレスリングWAVE 6.1新宿 桜花由美 vs渡辺智子】

ゴングと同時にビッグブーツでYAKOの顔面を蹴る桜花。「このドブスがっ!」と串刺しビッグブーツ。コーナートップからサンマドロップ(旋回式ボディプレス)と一気に畳み込む。

なおも串刺しビッグブーツを狙うがYAKOはかわしヒップバット、桜花を吹っ飛ばす。走る桜花にヒップアタックを見舞うYAKO。さらにもう1発見舞うが桜花はキャッチしバックドロップでYAKO投げ捨てる。串刺しビッグブーツからカカト落とし、さらにバックドロップもカウント2。

ロープに走る桜花をYAKOはブロックバスターホールド、そしてコーナーからミサイルキック、カウント2。桜花をバックドロップ、再度コーナーからダイビングボディプレスを狙うも桜花の剣山が待っていた。

関連記事