• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【プロレスリングWAVE 6.1新宿大会】3度目の「波女」へ 桜花由美 vs CATCH初参戦 渡辺智子

【プロレスリングWAVE 6.1新宿大会】3度目の「波女」へ 桜花由美 vs CATCH初参戦 渡辺智子

2年ぶり12回目の開催となったCATCH THE WAVE 2021が6.1新宿FACEで開幕。全16選手が「ガトリング・ブロック」「ジェラシー・ブロック」「ポテンシャル・ブロック」「コンプライアンス・ブロック」の4ブロック(各4選手)に分かれリーグ戦が行われる。勝ち2点、あらゆる引き分け1点、負け0点。各ブロックの優勝者には賞金50万円を贈呈。優勝決定戦は7.1新宿FACE。優勝者には波女の称号、レジーナへの挑戦権、そして賞金100万円が与えられる。

ジェラシー・ブロック公式戦(15分1本勝負)
桜花 由美 vs 渡辺 智子

2001年8月デビュー。2007年にGAMIとプロレスリングWAVE設立、現在代表取締役社長。CATCH THE WAVE、2009年・2015年制覇。今回3度目の波女を目指す。

対する渡辺智子はCATCH THE WAVE初参戦。1989年、全日本女子プロレスでデビュー。学生時代全日本レスリング選手権で銅メダルを獲得、テクニックとパワーを併せ持つレスラー。

開始早々渡辺はラリアット、カウント2。そしてスクリュードライバーから投げっぱなしジャーマンと技を繰り出す。これを凌いだ桜花はガットショットからブラ下がりブラディーEX。

コーナーの渡辺にビッグブーツ、二発目を狙おうと走った桜花に追走した渡辺はラリアット。そしてサソリ固めで締め上げる。桜花は、なんとかロープブレイク。

桜花はバックドロップ2連発からロープにもたれかかる渡辺にビッグブーツ、カカト落としとつなげるがカウント2。

関連記事