【DDTプロレス 男色ディーノ】DDTの本流vsプロレスの本道!

3.28後楽園にてKO-D無差別級王者 秋山準は挑戦者 樋口和貞の挑戦を退けた。試合後、その秋山が次期挑戦者として指名したのは男色ディーノ。リング上でディーノは、KO-D無差別級のベルトに関わった選手の名前を口にした。KO-D無差別級ベルトの重みを、誰よりも理解する男色ディーノが4.11後楽園ホールで王座に挑戦する。

――3.28後楽園のメイン終了後、秋山選手が「(東京スポーツの)紙面を賑わせた奴が1人いる」とディーノ選手の名前を口にしました。その時の気持ちを教えて下さい。

男色ディーノ(以下 ディーノ):東スポの記事では、6月に行われる「CyberFight Festival(サイバーファイトフェスティバル)2021」で秋山選手が王座を防衛し王者としてビックマッチのリングに立ち、そこで「DDTの本流」である私と戦いたい、となっていたわ。だから秋山選手が防衛した時、リングに上がる準備はしていたのよ。

 戦う時期や場所に対して私はこだわっていないけど…ただシチュエーションとして秋山選手と、6月の「CyberFight Festival 2021」で戦うと予想していたから、「DDTは私を信用していないな」と感じたわ(笑)。

――そんなことはないと思いますよ。

ディーノ:まあ、それならそれで良いってことよ。ビックマッチの際は集客のための準備が必要になるしね。そういう意味では「DDTの看板」として、今の自分は弱いのだなと感じたわ。ひがみとかではなく、「現在の自分の立ち位置」として受け入れようと思ったのよ。

――準備という意味では、指名を受けて4.11後楽園まで約2週間しかありません。通常の場合、1ヶ月くらい前にカードが発表され前哨戦が組まれますよね。

ディーノ:「いつ何時、誰の挑戦でも受ける」のがプロレスラーとされているので、今回のようなケースもあるのじゃないの(笑)。

――秋山選手は「DDTの顔として君(ディーノ選手)をリスペクトしているから。生半可な気持ちでやろうと言っていない」と発言されました。ディーノ選手の世界に秋山選手が踏み込むのか?踏み込まないのか?はたまたディーノ選手が引き込むのか?どんな展開になるのか興味があります。

ディーノ:どうなんでしょうね。本当に蓋を開けてみないと分からないのよ。秋山選手の気持ちになってみれば、あの人は自分のやってきたことに誇りを持っているタイプなので、「DDTでも、その部分は曲げませんよ」という意味で、私を挑戦者に指名した気もするの。私を屈服させれば、今後の所信表明になるしね。

 ただ、私のプロレスに引き込むのが良いのか、どうなのか…でも今回「勝ちたい」わけよ。勝つためには、これまで積み上げてきた世界観を犠牲にするかもね。だからこれまでと違って、ちょっと頭を使う戦いになるかも知れないわね。

ナレーター・実況・リングアナ・ラジオパーソナリティ・イベントMC。野球やカヌー等、スポーツ実況を担当しているうちに選手個人に興味を抱きライターを志す。アスリートの心の声を読者に届けるように取材します。