【プロレスリングWAVE GAMI】女子プロレスの未来について(後編)

――GAMIさんのような考えを持った方は貴重ですよね。今後、女子プロレス界とどのように関わっていく予定ですか?

GAMI:WAVEはWAVEなんですけど…最近、ものごとに対しての考え方を変えました。変えたてホヤホヤだけど(苦笑)。全てを三角形で考えるようにしました。ゴールがピラミッドの頂点。その頂点に辿り着くためには、何を積み上げて行くのか。

 例えば「今後も女子プロレスを存続させるには?」というテーマをピラミッドの頂点に置くと何をすべきなのか?

 女子プロレスの価値を上げるとか、認知度を高めるとかあるじゃないですか。そのためにはWAVEの集客を上げるとかASSEMBLE(※)を成功させるとか、いろいろあるんですよ。
※日本の女子プロレスの各団体が集まった組織団体。現在、定期興行を行っている。

 じゃあ、成功させるには、どうすればいいのか。選手を増やすとか選手の質を上げるとか考え方を変えさせるとか、いろいろやれることがある。

 「WAVEの企業価値を上げる」「WAVEを存続させる」と言うのがWAVEの中での目標。それと女子プロレス全体を見た時、やはり「女子プロレスを存続させる」というのが目標かな。

――GAMIさんはWAVEだけでなく、女子プロレス界や男子も含めたプロレス界全体を見ていますよね。

GAMI:ただ男子はDDTの高木大社長やNOAHの丸藤くんのように、経営陣に向いている人たちがどうにかするんですよ(苦笑)。でも女子に関しては、「プロレスをどうするべきか」とかを考えている人が少ない。考えていたら、現状のようになっていない。

 だからまだまだやるべきことは沢山あります。せめて私が死ぬまでは「女子プロレス」が残っていて欲しいから、あと48年間は残すぞ!と(笑)。

<インフォメーション>
3/14(日)新木場1stRINGで「White wave 2021」、4/1(木)新宿FACEでPHACE2 Reboot 2nd『NAMI☆1~Apr.~’21』が行われます。詳細はプロレスリングWAVEのWebサイトをご確認ください。

プロレスリングWAVEオフィシャルショップ【Shop-ZABUN】では、チケット、所属選手オリジナルグッズや各種グッズ、DVD等販売中です。

プロレスリングWAVE Twitter 

文・編集/大楽聡詞
写真提供/プロレスリングWAVE

関連記事