【プロレスリングWAVE GAMI】女子プロレスの未来について(中編)

2013年に現役を退き、現場監督という立場でプロレスリングWAVEを支えているGAMI。ジャパン女子プロレスから始まり、LLPW・アルシオン・AtoZと渡り歩き、2007年に桜花由美と共に団体「プロレスリングWAVE」を設立した。中編はLLPWから引退まで。

前編はこちら

――ジャパン女子が解散したあと、次の団体はLLPWでしたね。

GAMI:当時、私は神取忍さんの付き人をやっていたので。神取さんご本人はスッカリ忘れていましたけど(笑)。ジャパン女子は気づいたら解散になっていました。

――10人前後の選手がLLPWに移籍されましたよね。

GAMI:風間ルミさん、神取さん、ハーレー斉藤さん、大沢ゆかりさん、キャロル美鳥、半田美希さん、穂積詩子さん、北村真美さん、イーグル沢井さんに紅夜叉かな。ジャパン女子解散後、半年以上経った1992年8月29日後楽園ホールで旗揚げしました。

 LLPWの初期は支援者の方々が多かったですね。川口に道場がありましたが、そこが出来るまで支援者の方が探してくれて、いろいろな場所で練習をしていました。

 昔、芝浦にGOLDというディスコがありました。お店を開くのは金・土・日のみ。だから月曜から木曜までGOLDの一階部分を借りて、リングを組み立て練習していましたね。周りが真っ黒に覆われていて、中央にポツンとリングがある(苦笑)。

――当時、LLPWは女性レスラーが社長に就任するので注目された記憶があります。

GAMI:女性で代表取締役社長兼レスラーは世界初って言っていました。ただ、風当たりも強くて、「女性がトップに立つと色々と足を引っ張られるんやな」と感じ、WAVEを設立する際は男性の代表を立てました。

 LLPWに在籍したのは5年くらいかな。私は5年周期で団体が変わるので。次のアルシオンも5年で活動停止しましたし。

――僕はGAMIさんがレスラーとして1番輝いていたのはアルシオン時代だと思っています。

GAMI:分かる!だってすごい楽しかったもん(笑)。

――今観ても、レベルの高い試合をしていましたよね。

GAMI:今の若い子アルシオンを知らないのよ、本当に勉強してほしいわ(苦笑)。団体の売り出し方を首脳陣がすごく話し合っていた記憶がありますね。特に「見せ方」とか。レスラーではない背広組の人たちが色々なことを言ってくれたけど、とにかく現場のレスラーが話を聞かなかった(苦笑)。

 自分が経営者になって、その時の意見や考えを理解できるようになりましたね。でも、あの頃は背広組の大人たちの言っていることに反発していた。

 アルシオン時代は「レスラー」としてリングに上がっていました。余計なことを一切考えなくて良かったもん(笑)。レスラーとして理想的な生活を送っていましたよ。事務所仕事をせず、毎日道場に来て身体を鍛える。終わったらチャンコを食べて帰る生活。

 みんなとの仲はギスギスしてたな。女だからしょうがないけど。でも仲が悪くても、それをリング上で「プロ」として魅せる戦いをすればいい。私なんか取材中、大向美智子と殴り合いの喧嘩したことあるもの(笑)。

ナレーター・実況・リングアナ・ラジオパーソナリティ・イベントMC。野球やカヌー等、スポーツ実況を担当しているうちに選手個人に興味を抱きライターを志す。アスリートの心の声を読者に届けるように取材します。