【プロレスリングWAVE GAMI】女子プロレスの未来について(後編)

2013年に引退し、現在は現場監督という立場でプロレスリングWAVEを支えるGAMI。プロレス界を俯瞰して見る彼女は、なにを思い、なにを考えているのか。後編は今後の女子プロレス界について。

中編はこちら

――GAMIさんは、2013年に引退しプロデュース業に専念していますが、プロデューサーとして手腕を発揮した一つがCatch the WAVEの2016年大会だと思います。参加人数32名を4名ずつ8ブロックに分けた大会。

GAMI:それまでは1ブロックに8人とか10人はあったんですよ。でも4人がベストですね。理由は各ブロック6試合で済むから。5人になると10試合に増える。面白いけど、お客さんが試合を見ていて星取表が分からなくなる。私もこんがらがる(笑)。

――なるほど。試合数から見ると1ブロック4名がちょうど良かったのですね。

GAMI:昨年はコロナでやらなかったけど、Catch the WAVEは2ヶ月かけて行います。当然、怪我をする選手も出てくる。大怪我の場合、欠場だけど軽症の場合、試合スケジュールを変更すれば怪我を治して出場できるメリットもありますね。

――WAVEは他団体から若い選手が多く参戦しますよね

GAMI:まだ色がついてない選手は面白いんですよ。あと若い選手は良く働く(笑)。今コロナ禍なので1試合ごとにリング清掃が入るじゃないですか?若い選手はメチャクチャ早いんですよ。

 私とレフェリーのTommyさん2人でリング清掃したら5分くらいかかったけど、若い選手だと1分くらいで終わりますよ(笑)。

――他団体の選手がWAVEに上がるとのびのび戦っているような気がします。マイクも自由に話していて好感が持てます。

GAMI:「あんたら他所にきたらなんの責任もないんやからノビノビやりなさい。どんどん好きなこともやったらええ。ただ出来ることだけやりなさい」とリングに送り出します(笑)。

ナレーター・実況・リングアナ・ラジオパーソナリティ・イベントMC。野球やカヌー等、スポーツ実況を担当しているうちに選手個人に興味を抱きライターを志す。アスリートの心の声を読者に届けるように取材します。