【DDTプロレス 彰人】副社長とレスラー、2つの肩書き(後編)

――ベルトの行方であったり、高尾選手の動向であったり、ユニット化するのか等、楽しみな3.14後楽園大会ですね。ところで3.9後楽園「まっする4東京公演」、3.12新木場「ALL OUT解散興行」、3.14後楽園大会「KO-D6人タッグ戦」と濃密な約1週間になりそうですね。

彰人:ここ半年で1番忙しくなるんじゃないかと思っています(苦笑)。裏方としてもそうだしプレイヤーとしても。逆に考えるとCyberFightらしい期間になると思います。

 DDTだけでいうと、この6日間だけでも様々なDDTの側面を見られます。追い切れないかも知れないけれど、是非全部見て欲しいですね。DDTプロレスを見たことがない人でも引っかかるものが、その中にあると思います。DDTは苦手だけど「まっする」は好き。プロレスは見られなくても「DDT」は見られるという人がいると思うので、経営者目線で言うと何かしら見て欲しいと思いますね。

――4年間続けてきたALL OUT解散興行について、もう少しお話を聞かせてもらえますか。

彰人:この解散興行は急遽決まりました。本音を言えば「ALL OUTといえば…」という選手を呼びたかった。ALL OUTといえばセンダイガールズプロレスリング(以下 仙女)と#STRONGHEARTSとの抗争だと思うんですよ。

 ただ3.12、#STRONGHEARTSは新宿FACEで興行があるし、仙女も宮城で興行がある(笑)。これは別の切り口で興行しなければ行けない。縁とかゆかりのある選手は呼べないけど、最後までALL OUT(全力)できる興行を目指します。

 ALL OUTは自主興行の時には、各選手2試合行います。自分たちのやりたい試合とALL OUTとしてのユニットの試合。1日2試合というフォーマットを自分の中で崩さずにやろう、と決めているので最後も各々2試合行うマッチメイクにしようと考えています。

――今、サラッと言いましたが1日2試合はキツくないですか(苦笑)。

彰人:メチャクチャしんどいですよ。3.12 ALL OUT解散興行で2試合行って、3.14後楽園大会でKO-D6人タッグ戦、相手はDAMNATIONですから(苦笑)。

 でも、それがALL OUTらしさかな、と思っています。色々な分野のアスリートを集めて始めたALL OUT。全力を出して燃え尽きる姿を会場で見て欲しいです。


<インフォメーション>
彰人選手、怒涛の6日間!3.9後楽園ホール「まっする4東京公演」 3.12新木場1stRING「ALL OUT解散興行『ALL OUT FINAL FIGHT』」 3.14後楽園ホール「Day dream Believer 2021」でKO-D6人タッグの防衛戦を行います。詳細はDDTプロレスリング公式サイトをご確認下さい。

また3.9後楽園ホール「まっする4東京公演」、3.14後楽園ホール「Day dream Believer 2021」は動画配信サービスWRESTLE UNIVERSEで生配信されます。

彰人 Twitter 

取材・文/大楽聡詞
写真提供/DDTプロレスリング

関連記事