【⼥⼦格闘家 奥村ユカ】格闘家として再び闘いの舞台へ!

約20年前、世界で唯一定期的に開催され続けていた女子総合格闘技団体が日本に存在。「ジョシカク」のパイオニア「スマックガール」だ。そこで闘う選手 の姿に魅了され、格闘技を始めた奥村ユカ。3度目の出産後、子宮頸がん・半月 板損傷の手術を乗り越え、再び闘いのリングへ!

――⼩さい頃はどのような⼦供でしたか? 

奥村ユカ(以下 奥村):地元は宮崎で、結構複雑な家庭でしたね。⽣まれて1,2歳の頃、交通事故で⺟親を亡くしました。その後、⽗が再婚し妹が⽣まれ、父母、姉、妹の5人家族です。

 ただ、どういう理由か分かりませんが、私だけ祖⺟と暮らしていました。祖母が亡くなる小学6年生までその生活でしたね。

 家族が住む家には誕⽣⽇やクリスマスに⾏くのと学校の先⽣から預かったプリントとかを持っていった記憶しかないです。

――奥村さんのおばあさんが他界した後は⼀緒に暮らしていたのですか?

奥村:はい、⽗の家に住みましたが、それまで別々に暮らしていたので、他の家族との距離感に悩みました。常に不貞腐れている、すごい感じの悪い⼦供でしたね(笑)

 1⽇も早く⾃⽴したくて中学卒業後、すぐに働きました。1年くらいは家から勤務先まで通っていましたが、17歳で家出です(笑)

――リアル尾崎豊じゃないですか。

奥村:18歳で⼦供を産んで、最初の結婚をしました。ただ、酒癖が悪く仕事もしない男性でした。束縛も酷く私に⼿を上げる。いくらイケメンでも酒癖悪いのと仕事しないのはだめですね。学びました(苦笑)

――壮絶な10代ですね。

奥村:⼦供を産んで2ヶ⽉くらいで、その状況から飛び出し、⼦供を抱えて各地を転々としました。ただ10代で⼦供がいると働き先も限られます。寮付き託児所付きのところを探して、働いていましたね。

――若い時から苦労されましたね。

奥村:ただ当時は、何が苦労かもわかっていませんでした。今同じことをしろ!と⾔われても絶対にできませんが(笑)実家にも帰れなかったですし。それで東京に出たのが19歳でした。

関連記事