【東京女子 辰巳リカ】念願のベルトを手に、初防衛に挑む!(前編)

1.4後楽園ホールで、同期・坂崎ユカを倒しプリンセス・オブ・プリンセス王座を戴冠した辰巳リカ。試合後、挑戦表明したのはタッグパートナーの渡辺未詩。2月11日、新王者・辰巳は自身の初防衛戦と東京女子初の2ヶ月連続後楽園大会を背負いリングに立つ。前編は1.4後楽園・坂崎戦と、これまでの足跡を振り返ってもらった。

――プリンセス・オブ・プリンセス王座(以下・プリプリ王座)獲得おめでとうございます。対戦相手の坂崎ユカ選手も話していましたが、まさに「執念の勝利」でしたね。

辰巳リカ(以下 辰巳):私的には戦略とか力技ではなく、執念でしがみついて戦いました。結果として私が勝ちましたが、どっちが勝ってもおかしくない勝負。本当に僅差でしたね。

――昨年、辰巳選手はタイトル戦の前、「ベルトを獲って有名になりたい」という発言をされていました。坂崎選手は「これがリカの本音なんだろう。思い通りに行かなかった分、その中で一生懸命もがいているのかな」と話していました。

辰巳:プリプリ王座への挑戦も4度目で、もう「あとがない」というか。プロレス人生の中でタイトルマッチへの挑戦が何度もあるわけではないですし、1.4は「最後の挑戦だ」という気持ちで臨みました。

――その気持ちが、執念の足4の字固めに繋がったのでしょうね。

辰巳:本当に何も考えず、気がついたら必死で体が動いていたという感じです。自分でもこれまで感じたことのない動きをしていました(苦笑)。きっと別のゾーンに入っていたのだと思います、自分でいうのもなんですけど(笑)

――試合後、リング上で「団体をビートルズのような」と発言されましたね。音楽に例えた人、初めて見ました。やはり音楽好きの辰巳選手ならではの発想ですね。

辰巳:分かりやすいじゃないですか。ビートルズの音楽は聞いたことがない人がいないと思うので(笑)。私自身音楽をしていた時期もあるし、私の中でビートルズを例えに出したのは自然な流れですね。

――チャンピオンになって約1ヶ月経ちます。環境や気持ち的な部分で変化はありますか?

辰巳:意識は変わりました。やっぱり東京女子の顔になるので舐められちゃいけないなと(笑)それは冗談ですけど、今まで以上に周りの人に感謝を忘れずキチンとした態度で日々過ごすようにしています。

 あとパワーをつけるために筋トレを、今まで以上に行うようになりましたね。

――やはり気持ちの変化は行動に現れますよね。ところで辰巳選手は、2013年に東京女子の練習生になりましたが、元々は音楽ユニットDPG(※)のメンバーとして活動されていましたよね。その前は地元で会社員だったとか。
※ロックフェス「夏の魔物」の主催者、成田大致によって結成された、かつて存在した音楽ユニット。

辰巳:地元長野のケーキ屋で、3年間ケーキ製造を行っていました。でも、どうしても東京で音楽活動をしたくて。一念発起し、いろいろなオーディションを受けました。そこで通ったのがDPGでした。

ナレーター・実況・リングアナ・ラジオパーソナリティ・イベントMC。野球やカヌー等、スポーツ実況を担当しているうちに選手個人に興味を抱きライターを志す。アスリートの心の声を読者に届けるように取材します。