【格闘家 菅里実】ブラジリアン柔術アジアチャンピオン

取材場所に現れた彼女は、とても小柄で格闘家には見えなかった。取材中も絶えず笑いながら話す姿に格闘家の影を感じることは出来ない。しかし柔術の話をする時、声をワントーン落とし、自分の将来の目標を口にする。女子柔術家・菅里実。「ブラジリアン柔術世界選手権2018アダルトライトフェザー級 3位」「アブダビグランドスラム2019 アダルト-49kg 優勝」「アジア選手権2019 アダルトライトフェザー級 優勝」等、輝かしい肩書を持つ彼女に話を聞いた。

――菅選手が格闘技に興味を持ち始めたのは、いつごろですか?

菅:幼稚園の頃から高校まで、ずっと柔道をやっていました。高校卒業後は引退し子供たちに柔道を教えていました。

――元々、柔道を始めるキッカケは?

菅:両親が柔道をしていて、その影響ですね。気がついた時には柔道をやっていました。

 幼稚園の年少だったので、4歳か5歳だったと思います。両親が言うには、私が「柔道をやりたい」と言ったみたいです(笑)。

――柔道をしていた記憶があるのは、いつくらいですか?

菅:幼稚園の時は柔道をしていた記憶がなくて、小学生の時に「勝ちたい、強くなりたい」と思っていたのを覚えています。小学校6年生の時、埼玉県大会で優勝しました。ただ全国大会では、すぐに敗れてしまいましたけど。

 高校生の時は、高校2年、3年と連続でインターハイ5位になりました。柔道は高校卒業まで続けていました。

――菅選手が柔道をしていた頃、女性の柔道選手は多かったですか?

菅:10年ほど前は、柔道人口多かったですね。今は少ないと思います。小学生の頃、谷亮子選手がオリンピックに出場しシドニーとアテネで金メダルを獲ったのを覚えていますね。

 今考えると恥ずかしいけど、その頃は「ヤワラちゃんのように、オリンピック出場してメダル獲得」って将来の目標を決めていましたね(笑)。

関連記事