長与千種、合同記者会見で、仙女・里村不在にガチギレ

11/21都内にてGAEAISM・仙女・マーベラス合同記者会見が行われた。新型コロナウイルスの影響で延期されていた伝説の団体「ガイア・ジャパン」の一夜限定復活興行「GAEAISM」の興行日程、負傷欠場中の彩羽匠選手の現状、そして11.29後楽園大会 7vs7 勝ち抜き戦の順番が発表される予定だったが…

 初めにGAEAISM PROJECTの運営事務局長である中島氏から、新型コロナウイルスの影響で2020年4月15日に予定されていたGAEAISMの興行が、2021年4月29日(祝)に開催されることが発表された。なお開催場所が後楽園ホールから大田区総合体育館に変更。現在観客がチケットを保管している枚数が約1,000枚。会場収容率(50%)が来年も継続された場合、後楽園ホール(約750名)には収容しきれないため、会場が大田区総合体育館へ変更になった。

 続いて「Road to GAEAISM」開催について説明が行われた。4.29 GAEAISM大田区大会までの約半年間、マーベラスと仙女両団体の都内大会を中心に「Road to GAEAISM」と銘打った大会を開催。4.29大田区大会に向けて両団体の熾烈な戦いが繰り広げられる。

 ここで欠場中の彩羽匠より術後経過や復帰に関してコメントがあった。

 昨年10月、試合中の怪我により右膝膝前十字靭帯損傷・右膝内側側副靭帯損傷・右膝外側半月板損傷により全治10ヶ月の診断が下された彩羽。

 現在、山本KIDさんや伊達公子さんと同じプロアスリート用のメニューを組み、日々厳しいリハビリを行なっていること。また、今回のGAEAISMに関しては後輩達を育成・指導に徹すると話した。

 次にPROJECT運営メンバーの長与千種より、延期になった来年4.29大田区大会に向けて、各団体選手達にスタートを切ってほしいこと。そのため11.29仙女後楽園大会、11.30マーベラス新木場大会で選手達への奮起を期待していることを口にした。

 また彩羽の術後についても触れ、回復力が早く思っていた以上に復帰が早いかもしれないことを話した。

 来年4.29 GAEAISM大田区大会について「たくさん待っている方がいます。1年待っても1,000枚以上のチケットを返金しない人たちがいる。期待を裏切らないためにも、それ以上のものを提供していくので、皆様期待していて下さい。」と力強くコメント。

 続いて11.29仙女 後楽園ホールで行われる「仙女 vs マーベラス 団体対抗 7vs7 勝ち抜き戦」の会見のため、両団体全選手が入場。

 ここで長与が「なんで里村が居ないの?」とマイクを持つ。

ナレーター・実況・リングアナ・ラジオパーソナリティ・イベントMC。野球やカヌー等、スポーツ実況を担当しているうちに選手個人に興味を抱きライターを志す。アスリートの心の声を読者に届けるように取材します。