• HOME
  • 記事
  • 格闘技
  • 【格闘技・村上彩】最速で黒帯を巻いた女子柔術家・村上彩が次に目指す舞台とは?

【格闘技・村上彩】最速で黒帯を巻いた女子柔術家・村上彩が次に目指す舞台とは?

女子格闘技人気が世界を席巻。RIZINのリングでは、RENA選手や山本美優選手の活躍が目立っている。今年2月に行われたRIZINへの登竜門的大会『DEEP JEWELS』。この大会に柔術界から挑んだ村上彩選手。アマチュア格闘家として活躍する村上選手は、システムエンジニアとして働き、またYouTuberとしても数々の情報を発信している。多方面で活躍する村上選手に話を聞いた。

―柔術を始めるキッカケから教えていただけますか?

村上:昔からジャッキーチェンが好きで強くなりたいと思っていました。影響を受けた映画は「ラッシューアワー」ですね。 私は出身が徳島で、地元の空手や合気道などの道場見学に行き、柔術にたどり着きました

―現在は東京で生活されているんですよね。

村上:徳島で指導していただいた方が海外に行くことになり、他にやりたい事もあったので上京しました。2016年ですから、今年で4年目になります。

Thumb 20200519 105933

―それは、柔術以外ですか。

村上:はい。IT関係の仕事をしたかったのですよ。徳島にはIT関係の仕事は、数件しかなかったので。絶対的な数は東京の方が多いですね。 

私、パソコンに詳しくなくて、当時はフォルダの開き方も分からなかったんです。でも、IT関係で働きたくて、求人誌や求人サイトで「未経験者OK」というところを探して応募しました。

最初は簡単なプログラムしかできませんでしたけど、先輩とかに教えてもらって、今はできるようになりました。

Thumb fuceojbdpng small

―YouTuberとしても活動されていますが、本名ではなく「みちゅねと家族」という名前でやられていますよね。

村上:私のTwitterやインスタを柔術関係の人たちがフォローしてくれていて、その人たちに見つからないように名前を変えて、YouTuberとして活動していました。 

―それはどうしてですか?

村上:最初、恥ずかしくて。その後、柔術で有名な選手が私のYouTubeをリツイートしてくれて一気にバレました。(笑)バレないために「みちゅねと家族」にしていたんですけどね。

ナレーター・実況・リングアナ・ラジオパーソナリティ・イベントMC。野球やカヌー等、スポーツ実況を担当しているうちに選手個人に興味を抱きライターを志す。アスリートの心の声を読者に届けるように取材します。