• HOME
  • 記事
  • 野球
  • 元プロ野球選手 喜田剛 「野球から離れた時は抜け殻状態に」アンダーアーマーでの再起とこれまでの道のり

元プロ野球選手 喜田剛 「野球から離れた時は抜け殻状態に」アンダーアーマーでの再起とこれまでの道のり

かつて広島東洋カープなどでプロ野球選手として活躍し、現在はアンダーアーマーの日本総代理店である株式会社ドームでマーケティングの仕事を行っている喜田剛氏。11年に現役を引退後、「抜け殻状態でした」と語り先の見えない不安と戦った中、10ヶ月に及ぶ就職活動の末にアンダーアーマーの店舗スタッフを経て、今はマーケティング領域でリーダー職を務めている。今回は連載企画として、現役時代を含む喜田氏のこれまでの軌跡を追った。

■現在はマーケティングでのリーダー

現在、喜田は株式会社ドームのコンシューマーマーケティング部でチームリーダーを務めている。

アンダーアーマーに関する発信やイベントなどを企画運営するチームのリーダーとしての立場である。動画コンテンツやソーシャルメディアなどのオウンドメディアの発信から、外部メディアでの記事掲載といった、ブランドからユーザーに向けて発信するコンテンツ制作全般が”守備範囲”。

主な担当カテゴリーは、自身がプレーしていた野球に加えバスケットボール、そしてランニングを担当。イベントの企画から運営までの統括を担っている。

「お客様が”スポーツをしたい”と考えたとき、頭の中に一番にアンダーアーマーを思い浮かべていただけることを意識して日々取り組んでいます」

4月30日にはBリーグ 宇都宮ブレックス協力のもと、「アンダーアーマー キッズデー」を開催。子どもたちに向けた職業体験の場を企画・提案し、5月26日には120名が参加する大規模のランニングイベント「UAオールアウトマイル JAPANチャレンジ」を主催するなど、GW期間中も関係なく、この春はフル回転していた。

4月の「アンダーアーマーキッズデー」の様子(写真左が喜田)

関連記事