• HOME
  • 記事
  • 野球
  • 「本気でツールを使いこなす」喜田剛 アンダーアーマーを”No1ブランド”にするためのプロモーション施策とは?

「本気でツールを使いこなす」喜田剛 アンダーアーマーを”No1ブランド”にするためのプロモーション施策とは?

かつて広島東洋カープなどで活躍し、現在は株式会社ドームでマーケティングの仕事を行っている喜田剛氏。

自身の知名度を活かし、YouTubeチャンネル「キダゴch」を始めTwitterやTikTokなどのSNSを駆使して新たなファンを獲得している。

ただ、入社当初から始めるまでは取材を断ることがほとんど、前向きではなかったという。今は「本気で取り組んでいます」と語るまでに至った経緯や力を入れていることについて伺った。

■トークショーをきっかけに”YouTuberデビュー”へ

ドームでアンダーアーマーのマーケティング関連のチームリーダーを務める喜田は、YouTubeチャンネル「キダゴch」を始め、SNSを駆使して発信力を高めている。

意外にも現職に就いてからは「表に出るつもりはなかった」という。その考えが変わったきっかけは19年12月、川崎市内のスポーツショップで行われたトークショーだった。

19年12月、川崎市内のトークショーに登壇した(喜田剛公式noteより)

12年に入社してから当時までの約8年、喜田はその言葉の通りメディア取材は一貫して断るなど、表舞台に立つことはなかった。

「ブランドを担当する人というのは裏方ですから、”選手をサポートする”という考えが強かったんですね。なので、その自分が前に出ることについては違和感がありました」

と言いながらも、周囲は喜田が元プロ野球選手である事実を見逃す訳がなかった。

「上司や役員の方々から『せっかく元プロ野球選手の肩書があるんだからトークショーをやらないか?』と”命令”が来て(笑)それでやることになりました」

本人も「お客様がくるのか不安もあった」と語ったが、100席用意された会場は開門前から行列ができるほどで、席は瞬く間に埋まっていた。現役時代にもトークイベントの出演経験があったことからトークも弾み、大盛況となった。

集まったファンからも「ぜひ今後もやってください」という声を多くかけられ、自身の役割について考え直すきっかけとなった。

自身が広告塔となって発信力をつければ、ユーザーやファンに直接情報を届けることができる。その想いから、20年の1月から「キダゴch」を開設した。

「アンダーアーマーをしっかりアピールしながら、野球ファンの方々に少しでも楽しんでいただけることを意識してます。おそらく視聴者の皆さまが一番興味あるのは『選手たちがどんなこだわりを持ってアイテムを使っているのか』だと思います。

他にも『パフォーマンスを生み出すために、こんなテクノロジーが活用されている』ことも伝えることが自分の役割だと考えています」

関連記事