• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【ガンバレ☆プロレス まなせゆうな(1)】プロレスのこと全く分からなかったけど、当時はアクション女優になりたかったので「はい、やります」と。

【ガンバレ☆プロレス まなせゆうな(1)】プロレスのこと全く分からなかったけど、当時はアクション女優になりたかったので「はい、やります」と。

6.12埼玉CyberFight Festival 2022ではDDTプロレスのEruptionと対抗戦。7.10大田区総合体育館「WRESTLE SEKIGAHARA」ではスターダム所属ウナギ・サヤカとシングル対決に臨むまなせゆうな。スターダム、アクトレス・ガールズ、東京女子プロレスと渡り歩き、現在はガンバレ☆プロレスの女子レスラーのエースに君臨。今回、彼女の半生を振り返ってもらった。

■夢は新体操の先生

――小さい頃、まなせさんはどんな子供でしたか?

まなせゆうな(以下 まなせ):子供の頃は新体操ばかりしていました。逆に新体操しか知らなかったです(笑)。将来の夢は新体操の先生だったので、「ケーキ屋さんになりたい」とか「お姫様になりたい」と言った普通の女の子が抱くような夢はなかったです。

――新体操の先生になりたかったのに、どうしてレスラーになったのか経緯を教えていただけますか?

まなせ:6年間関東1位で国体の強化選手になって高校の推薦も決まっていましたが、15歳で膝をケガしてしまった。今思えば治療に専念して、しっかり休み国体に照準を絞ればよかったけど、当時は新体操をできないことが悲しくて。それで選手ではなく「外部指導コーチ」として新体操と関わっていました。

外部指導コーチなので比較的時間もありバイトもしていました。高校2年の時、バイト先に遅刻しそうで千葉駅付近を走っていたら芸能関係者にスカウトされたのです。あの頃の私はバイトするか海で遊んでいる女で、やりたいことがなかった(苦笑)。スカウトされたのは役者事務所。事務所の人に「何をやりたいの?」と聞かれても「自分のことを応援してくれる人と握手がしたい」と具体的な答えはなかったですね(苦笑)。

そしたら「君は芝居もいいけどグラビアがあってるかも」と言われてグラビアの仕事を始めました。元々新体操はレオタードなのでグラビアで水着姿を披露することに抵抗なかったです。

関連記事