【DDTプロレス 5.22後楽園】女子レスラー4人?によるハードコアマッチ!

DDTプロレス 5.22後楽園『Audience 2022』が開催。第4試合でスーパーハードコアガールズvsプロミネンス全面対抗戦と題してカルーセル・シュン&エリザベス・トーイvs鈴季すず&藤田あかねによるスペシャルハードコアマッチが行われた。

鈴季すず

ロープエスケープなし・凶器の使用OKの完全決着ルールとなったこの試合。先に入場したのは路上プロレスで敗れた勝俣瞬馬へリベンジを果たすべくDDTに乗り込んできたデスマッチ&ハードコア女子ユニット「プロミネンス」の鈴季すず&藤田あかね。

エリザベス・トーイ(左)とカルーセル・シュン(右)

続いてお騒がせアイドルユニットを彷彿とさせる入場曲で勝俣瞬馬と小嶋斗偉の遠い親戚であるカルーセル・シュンとエリザベス・トーイがリングイン。

先発はエリザベス・トーイと藤田あかね。「スーパーハードコアやるわよ〜」と叫び、藤田に対して「早く椅子取りなさい!」と甲高い声で挑発。藤田は若干引き気味で椅子を手に取り、両者殴り合う。

【DDTプロレス・勝俣瞬馬】今こそファンに伝えたい思いとは?

カルーセル・シュンがレゴブロックを取り出すと藤田もレゴブロックを手にし「どちらが先にハードコアの凶器としてブロックを持ち込んだか」論争。

5分が経過、藤田はラダーに登りコンクリートブロックを倒れたシュンに落とす。スレスレのところでかわすシュン。藤田はリング中央にコンクリートブロックを集め、その上にシュンをバックフリップ。カウント2で返すシュン。

関連記事