【プロレスリングWAVE 5.18新木場】CATCH THE WAVE 2022 コミカルブロック2大決戦!

オープニング
5.15wave名古屋大会にて脞内骨内側高原骨折、外側ハムストリングス部分断裂、膝窩筋部分断裂、大腿骨内顆骨折傷で全治2ヶ月と診断された桜花由美がリング下からファンに向けて「次の15周年の時に完全復帰したい」と挨拶。

■コミカルブロック公式戦(15分1本勝負)
△ハイビスカスみぃ<1分>(13分40秒、ダブルフォール)松本都△<2分=2点>

コミカル特別ルール「13分目でスローモーションルールが1分間発動」。15分1本勝負で行われる中、残り時間2分になるとリング上ゆっくりとした時間が流れるスローモーション。この時間帯をどう戦うかにより勝敗が左右される。

タンクトップ・短パン・ウエストポーチにビーチサンダルで入場してきたハイビスカスみぃ。その姿にツッコミを入れる松本。するとみぃは…

「話せば長くなるんですけど、私、今日沖縄から来たんです。さっき空港に着きましてスーツケースを預けたけど、受け取るのを忘れてコスチュームないし化粧道具もない。なんなら財布もない。でも試合に穴あけたわけじゃないし、別に何着てようが試合できるから気にしないでください。かかってこい!」と話し強引に試合をスタートさせる。

途中でビーチサンダルが脱げ客席から笑いがもれるが試合は続行。ここでみぃが歌唱対決を提案。歌に自信がある松本も了承し、松本が「崖のふちの歌」を歌う。1コーラス終わりでみぃが「ど素人やないかい!」と殴りかかり松本を場外へ。その後はプロレスらしい展開。

みぃが逆エビ固めで締め上げると松本は「ニヤニヤしてんじゃねぇ、応援して応援」と客席に暴言を吐く。

みぃは松本をロープに張り付けにすると裸足で顔を踏みつけていく。衛生的にも精神的にも良くない攻撃で松本を追い込んでいくみぃ。

そんなこんなで13分が過ぎてスローモーションが発動!両者、逆さ押さえ込みを狙うが、その体勢が崩れコーナーのTommyレフェリーの元へ。するとTommyレフェリーが「あっち行け〜」と2人を突き飛ばしダブルフォールの体勢。そのまま3カウントが入り、引き分けとなった。

関連記事