• HOME
  • 記事
  • スノーボード
  • 【スノーボード 五十嵐幸太】スノーボードとの出会いは、「新しい世界を切り拓いていくワクワク感」があった(第1回)

【スノーボード 五十嵐幸太】スノーボードとの出会いは、「新しい世界を切り拓いていくワクワク感」があった(第1回)

2月4日に開幕する北京オリンピック。スノーボードクロスは2月9日 女子競技、10日 男子競技、そして12日 新種目 混合団体が行われる。そのスノーボード/スノーボードクロスチームのヘッドコーチ 五十嵐幸太さん。2009年現役引退後コーチに転向し後進の育成に力を注いできた。第1回はスノーボード黎明期にプロを目指した経緯を伺った。

――五十嵐さんがスノーボードを始めたのは、いつですか?

五十嵐幸太(以下 五十嵐):スノーボードを始めたのは19歳です。元々、スキーを3歳からやっていました。小学校時代、両親がスキー場によく連れて行ってくれました。

中学生になりスキー部とサッカー部両方に所属。中学総体でアルペンスキーの大会に出場しました。高校でもスキーを続けましたが、大会にはほとんど出場しませんでしたね。ただ19歳でスノーボードに出会ってからは、今に至るまでずっとのめり込んでいます(苦笑)。

――1990年代前半はスキーブームでしたよね。映画「私をスキーに連れてって」の大ヒットやスキー用品のCMを多く見た記憶があります。ある時、ゲレンデで「板の上に座っている人がいるぞ?」と思ったらスノーボーダーでした(笑)。

五十嵐:スキーヤーの時はゲレンデの途中で座っているスノーボーダーが危なく感じました(苦笑)でも初めてスノーボードに乗った瞬間にハマったんです。次の日には「スノーボードのプロになる」と決めていましたから(笑)。

――気持ちの切り替えが速いですね!プロになると決めてどうしましたか?

五十嵐:2シーズン連続で山形蔵王のペンション村に住み込みのアルバイトに行き、毎日滑り倒しましたね。

――毎日はすごいですね。オフシーズンである夏はどう過ごしましたか?

五十嵐:冬、滑りに集中するため、ひたすら夏はバイトしてお金を貯めました。それを2,3年繰り返しましたね。23歳の時、JSBA(日本スノーボード協会)の東北大会を勝ち抜いて全国大会に出場したんですよ。その時、プロ資格を満たす6位入賞。ただ「プロ資格」を手に入れても、何をして良いのか分かりませんでしたけど(苦笑)。

その後10年間、PSA(プロスノーボーダーズ アソシエイション)の理事も担当しました。日本国内にはスノーボードの連盟が2つ存在します。一つがJSBA、そして一つは文部科学省所管のSAJ(全日本スキー連盟)です。

23歳の頃、私の目標はオリンピックでした。ただ出場するためにはSAJに加盟する必要があります。加盟後、2005年に強化指定選手に選ばれナショナルチームとして世界を転戦する生活が始まりました。

関連記事