【シダックス 梅沢直充】野球界全体をマネジメントしたい(第三回)

シダックスで野村克也監督付きマネジャーとして、常に野村氏と行動を共にした梅沢直充さん。第二回ではシダックス時代・野村監督のエピソードを伺った。第三回はその後の人生と将来のビジョンについて

<第二回はこちら>
――野村監督がシダックスを離れた2006年、梅沢さんは何をされていたのでしょうか?

梅沢 直充(以下 梅沢):チームマネジャーに戻りました。そして廃部後、07年にプロ野球・楽天に入団しました。

――おっ、華のプロの世界へ。それはどういった経緯で?

梅沢:06年の廃部後、野村さんから「仙台に来るか?」と連絡がありました。シダックス3年間尽くした監督からの声でしたから、断る理由はありません。それで07年のシーズンから楽天にお世話になることに。田中将大投手や嶋基宏捕手らと同期入団です。住んでいたのは仙台駅東口と楽天スタジアムの中間ぐらいのところで、球団事務所までは自転車で通勤していました。

私の肩書は「サブマネジャー兼監督付」で、一軍の行動全てに帯同。車の運転や遠征時のかばん持ち、広報担当まで監督の身の回りのことは何でもしました。シダックス時代とやる事は一緒ですね。

――シダックスの経験があったから、即戦力でしたね。

梅沢:そうなんですけどね。でも、一年で辞めたんですよ(苦笑)。

――えーっ!?どうしてですか??

梅沢:なんか疲れてしまってね。廃部の事後処理が終わらないまま、後ろ髪を引かれる思いでバタバタの中で仙台に行って、入団後もいろんなことが重なって。監督に「お前最近元気無いなぁ」と見抜かれて。監督とじっくり話した末に、退団することにしたんです。

――いままでのエピソード聞いていると、お疲れになるのもよくわかります・・それで退団後は?

梅沢:以前から気にかけてくれていた私の友人から声がかかり、彼が立ち上げた映像制作会社の経営に携わりました。CSの鉄道番組や企業のプロモーションビデオなどを制作。企画、ロケ、編集、テロップ入れ、ナレーション収録など映像制作のいろはを全て学び、また経理を担当していました。

でも、そこは社員4人のベンチャー企業。業界内での競争も激しく、売上によっては社長の報酬が出ない月があった。社長は従業員に優先的に給与を払い、本人は無報酬。あるとき、そんな状態が3ヶ月ほど続いたことがあって。彼は元々メジャーな制作会社から独立した人。映像制作のプロが報酬を貰えず、私みたいな素人が給与を貰うのは申し訳ないと感じ、「私が辞めることで社長に報酬が入るなら、その方がいいのではないか」と思い始めました。「オレもいらないよ」と言ったのですが、「ダメダメ。生活があるでしょ」って。優しい社長だったなぁ。

09年1月、近況報告を兼ねて志太会長(当時)の元を訪れました。志太会長は中学生野球(当時K-Ball)の連盟会長をしていたので「野球のことで何かお手伝いできることがあれば」と申し出ました。そうしたら志太会長から「今のところで頑張れ!」。崖から突き落とされた感覚でした。

家路についた頃、会長室長から連絡があり「野球の仕事ではないけど、元気の良い部署がある。そこで良ければどうか?野球だけではダメだ。会社の仕事も覚えて、うち(シダックス)の戦力になってくれれば、と志太会長が仰っている」と。私は感謝の思いでいっぱいで「ありがとうございます」と、電話口で深々と頭を下げました。

関連記事