• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【DDTプロレス 高梨将弘】彼らの純粋な目を見ていると「途中で投げ出す訳にはいかない」(第2回)

【DDTプロレス 高梨将弘】彼らの純粋な目を見ていると「途中で投げ出す訳にはいかない」(第2回)

12.26国立代々木競技場第2体育館で佐々木大輔の持つDDT UNIVERSAL王座に挑戦する高梨将弘。中学からプロレスに魅了された高梨。学生時代スポーツ経験がないまま闘龍門に入門するが退団。闘龍門の先輩・大鷲透に大家健を紹介されDDTの入団テストを受ける。第2回はデビューから海外での活動について。

<第1回はこちら>
――高梨選手は入団してからデビューまで3ヶ月。かなり早いですよね。

高梨将弘(以下 高梨):確かに早かったです。入門テストを受けた日、ちょうど石川修司さんのデビュー戦。その1ヶ月後、同期の柿本大地さんがデビューしました。

入門テストを受けに行ったのは横浜の赤レンガ倉庫。大家さんから「新人が駅で待っている。合流して会場まで来てくれ」と指示がありました。「誰が来るんだろう…」と思ったら石川さんと柿本さんがロックアップしていました(笑)。この人たちに間違いないと思い「今日テストを受けさせていただく高梨です。宜しくお願いします」と挨拶をしたら「俺たちがプロレス関係者だと分かるようにロックアップしていた」と(笑)。でも石川さんは身長195cmとデカく「レスラー以外」有り得ない。当時は細かったけど、あの大きさは衝撃でした。闘龍門にいた時も身長が高い選手はいたけど石川さんは桁違いです。

【DDTプロレス 高木三四郎】プロレスを、さらに世間に拡げていく(前編)

僕がDDTに入団してからデビューまで早かった理由はたまたまです(笑)。当時ビアガーデンプロレスが船橋ららぽーとで開催していました。ららぽーとの屋上で毎日プロレスが行われます。僕は船橋のスポーツジムで働いていて自転車で15分の距離にららぽーとがありました。そこに毎日通っていました。その頃DDTは小さい団体でプロレスと他の仕事を兼業している人が多かった。仕事の関係で全ての選手が出場できるわけではありませんでした。みんなで分担してリングに上がっていましたが、連戦で怪我をするレスラーもいました。

ある時、「この日の試合、レスラーが足りない」となりました。他団体の選手やフリーの選手も出場することができない。ららぽーとの控え室で高木三四郎さんが「誰か試合できる奴いないかな〜」と話している時、スーパーササダンゴマシンさんが僕のそばに来て「高梨、ここで『自分が試合できます!』って手をあげろ」と。僕は闘龍門にいた時から「先輩に言われたことは絶対にやらなければいけない」と考えていました。ですからすぐに手をあげて「自分が試合をします」と言ったら、高木さんがニヤリと笑って「お前、試合できるのか」と。それで三和太さんと15分のエキシビジョンマッチが組まれました。

【DDTプロレス マッスル坂井】複数の顔を持つ、プロレス業界の異端児(前編)

試合後、たまたま会場に来ていたGENTAROさんが僕のところに来て「お前、どこかのリングに上がっていただろう」と言われました。GENTAROさんは学生プロレス出身者です。だから僕も学生プロレスをしていたと思ったみたいですね。ただ当時は闘龍門にいた事を言っていいのかどうか分からず誤魔化しました(苦笑)。

翌日からマッチメイカーの方が「エキシビジョン」という形で試合を組んでくれました。その日の相手はコーチだった佐々木貴さん。佐々木さんとの試合は周りの反応が良かった。それで「昨日の三和さんとの試合ではなく佐々木さんとの試合をエキシビジョンデビューにしよう!」と言われ、太さんに申し訳ないと思いながらカメラに向かって「今日エキシビジョンデビューしました高梨です。宜しくお願いします」とコメントしたのを覚えています(笑)。

その後、ららぽーと期間中にエキシビジョンマッチを数試合行い、最終日の9月14日スーパー宇宙パワー(木村浩一郎)戦で正式デビューし、DDT所属の選手としてその後の大会に出場しました。

関連記事