【リデットエンターテインメント 鈴木裕之】プロレスは社会の縮図(前編)

――その二つの選択肢ですか(笑)。

鈴木:総理大臣にはなりたくないけど、社長はなりたい。それで社長にこだわっていたのはありますね。イギリスから帰国し自問自答した時、「やはり社長になりたい」と。ただ「すぐになりたい」ではなく「何年でなれるだろう?」と考えました。

イギリスから帰国したのが22歳、様々なことを考慮し「35歳くらいに社長になろう」と決意しました。そのためにパチンコホールや広告代理店など、いろいろな場所で働きました。実は「リデットエンターテインメント」は自分で創業した会社ではありません。

約20年前、エス・ピー広告(2018年10月より「リデットエンターテインメント」へ社名変更)に入社した時は勢いがあり人を多めに採用、社長も高級車に乗っていました。

しかし、あとから入社した人の給与が元々働いていた人より高く、その方々がクライアントを連れて独立。それで経営が傾き、当時のオーナーより私に話がありました。その時点で社員は10名くらいしか残っていません。そこでオーナーに「全部、任せてくれるならやりたい」と話し、入社に至ります。

最初から創業者に五カ年計画・十カ年計画を提出し、計画通り一つずつクリアしていきました。そして37歳の時、代表権を私が預かりました。

――計画を立て、その通り結果を出したのですね。ところでどのタイミングでプロレス事業と関わるようになったのですか?

鈴木:新日本プロレスさんが厳しい時代に知り合ったのが、当時新日本の執行役員で現在NOAH取締役の武田有弘さん。うちの現専務が新日本プロレスさんに電話したらたまたま武田さんが出て、そこから新日本プロレスさんの広告販促部とやりとりが始まりましたね。

販促物の仕事をいただきながら、新日本プロレスさんを応援する形でチケットを購入し社員や顧客の方々と会場に足を運びました。あの頃は仲間達とプロレス観戦するくらいで「団体を設立しよう」とは思っていませんでした。

僕は「プロレスは社会の縮図」だと思っています。会社の社員や取引先の方々と一緒にプロレス観戦をすることで、「いろんなことを学んで貰えたらいいな」と思い多くの仲間たちと足を運んでいました。東京から福岡まで数十人と一緒に観戦ツアーもしましたね(笑)。

――チケット代以上に交通費と旅費が高くつきますね。

鈴木:そうです(笑)。でも年に一度のことですし、何より皆と楽しく過ごせました。

そのような経緯の中、2009年9月長州力さんに「弊社に顧問として入っていただけないか」と話をしたら快く引き受けて頂きました。

――長州さんは具体的には何をされたのでしょうか?

鈴木:イベント出演もありますが、主に弊社の営業フォローをお願いしました。私と同じ世代の方々にプロレスファンがたくさんいます。新規の顧客獲得や年末のクライアント様へのご挨拶回りに一緒に行って頂きます。

――挨拶回りで長州さんが来たら驚きますよね。

鈴木:リング上の「長州力」は男気が強く屈強というイメージがあると思いますが、営業の長州さんはお客様が喜んで下さる話をしてくれます。最近のトレンドにも詳しく、どんな話をしてもお客様の心に刺さるのです。本当になんでも話して下さいますね、プロレスの話以外は(苦笑)。

――僕も一度お会いした時「プロレスの話は苦手なんだよ」と仰っていました。

鈴木:営業に同行して頂く際、事前に「間違いなくプロレスの話が出るかもしれません」と確認すると、長州さんは「いいですよ」と言って下さいます。しかし、お客様からプロレスの話が出ると、それまで笑顔だった長州さんは真顔になります(笑)。

とにかくお客様には喜んで頂けました。長州さんも弊社を大変応援して下さり2013年10月まで顧問契約が続き、改めて2018年10月から取締役会長、2020年3月より顧問へ就任頂いています。

2014年頃、武田さんが新日本プロレスさんを退社しました。最初はプロレスと関係ない仕事をすると話していましたが、「やはりプロレス関連の仕事をしたい」と。そこで弊社に来て頂けるか打診、2016年9月に入社頂きました。

関連記事