【リデットエンターテインメント 鈴木裕之】プロレスは社会の縮図(前編)

7.1 TDCホールで「GLEAT」の旗揚げ戦を行ったリデットエンターテインメント。それまで選手のマネジメントや単発の興行、NOAHの運営等バックアップを行ってきた。そして満を持して団体を設立。エグゼクティブディレクターに田村潔司、オブザーバーとして長州力、最高技術責任者にカズ・ハヤシ、最高戦略責任者にNOSAWA論外(2020年10月退任)が就任。今回、代表取締役社長である鈴木裕之氏にダメ元で取材を申し込んだところ快諾。その模様を2回に分けてお届けする。前編は鈴木社長の生い立ちからプロレス事業に関わるまで。

――プロレスに興味を持ったキッカケから教えていただけますか?

鈴木:初代タイガーマスクさんです。とにかくタイガーマスクさんに釘付け、これまで経験したことのない衝撃を感じた記憶があります。その前、プロレスを観ていたかどうかの記憶がないのですよ(苦笑)。でもタイガーマスクさんが出てきたことは鮮明に覚えていますね。

とにかくタイガーマスクさんを追うようにプロレスにハマっていき、そこからアントニオ猪木さん・長州力さん・藤波辰爾さんを知りました。あの頃の新日本プロレスさんは海外の選手やベテラン選手、若手レスラーが境界線のないリング上で自己主張していましたね。

新日本プロレスさんを観て「大人になるとは、こんな感じなのか」と思い、自分がこれから勝負する社会とリング上のレスラーを重ねていました。

――プロレスから多大な影響を受けたのですか?

鈴木:新日本プロレスさん、松本零士さん「宇宙戦艦ヤマト」や「銀河鉄道999」、手塚治虫さん「ブラックジャック」、高橋留美子さん、シルヴェスター・スタローンさんで、僕のほとんどが出来上がっています。恋愛は「うる星やつら」から学んでとか(笑)

あと水島新司さんの「ドカベン」と新日本プロレスさんを繋げて見ていました。「一つのチームで何かを成し得ていくところ」ですね。そういったものが僕を育んでくれます。

――身長が180cm以上ありますが、学生時代は運動していましたか?

鈴木:野球をしたり、「あしたのジョー」の影響でボクシングをかじったことはありますが真剣にスポーツに取り組んだことはないですね。実は学生時代、貧血気味になることがありました。身長が小学4,5年から中学3年にかけて一気に伸び、夜寝ていると骨が大きくなり骨が軋む音が聞こえるんです(苦笑)。

実は(身長が)今も伸びているんですよ。

――えっ、どういうことでしょうか?

鈴木:昨年が186cm、今年が187cmでした。日によって多少の変化はあると思いますが、主治医に健康診断の際、「この3年で成長してますね」と言われました(笑)。

中学生の時には180cmはあったと思います。身長順に並んだ時、つねに1番後ろでしたから。

――それだけ身長があると、プロレスをやってみようと思いませんでしたか?

鈴木:ボクシングや野球は、漫画やアニメから影響を受けやってみたいと思いましたが、プロレスは思いませんでした(苦笑)。プロレスは「やりたい」より「できない」の方が強かった。リングに上がっているレスラーの輝きが凄くて同じ人間という感覚がなかったですね。

関連記事