• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【DDTプロレス 竹下幸之介】秋山準を倒しD王GP2年ぶり2度目の頂点へ(前編)

【DDTプロレス 竹下幸之介】秋山準を倒しD王GP2年ぶり2度目の頂点へ(前編)

2020年、ZERO1 田中将斗と全日本プロレスからレンタル移籍した秋山準等レジェンドレスラーとの闘いを経験した“DDTの未来”竹下幸之介。残念ながら勝負に敗れたものの、そこから得たものは大きかったに違いない。そして12.27後楽園にて「D王 GRAND PRIX 2021」優勝決定戦で、再度秋山に挑む竹下。前編は、田中将斗戦と11月の秋山準戦を振り返ってもらった。

――3月20日後楽園、FMWに影響を受けていた竹下選手が田中将斗選手と戦いました。あの試合を振り返っていただけますか?

竹下幸之介(以下 竹下):あの試合に関してはKO-D無差別級王者の田中選手に僕が挑戦するタイトルマッチ。田中選手が外敵と言うこともあり、第一に僕の使命は「ベルトを取り返す」と言う事。その次に僕のパーソナル部分「田中将斗選手と闘える事の喜び」が後追いで来る感じでした。

 やっぱり子供の頃から田中選手の試合を観て、その選手と試合ができる夢が叶う瞬間でした。ただ実際の試合はハードで全く余韻に浸かる暇もありませんでした(笑)。

 あの試合はコロナで自粛になり、それが一旦解除された時期、「後楽園での興行が出来るか出来ないか」「コロナで世界はどうなってしまうのか」という中で行われました。

 ですから「世界中に蔓延する不安感を一瞬だけでも忘れられるような試合にしたい」と思って臨んだ試合でしたね。

――コロナの影響で状況が変化する中、決意を持って臨んだ試合だったんですね。試合に関して、僕は竹下選手が「竹下ワールド」に引き込むのではなく「田中将斗ワールド」に自ら足を踏み入れたように見えました。

竹下:僕が憧れていた選手や戦いたいとずっと思っていた選手と戦う時、相手の土俵に乗って戦いたい。それは勝ち負けよりも「その選手のエキスを味わわずに後悔したくない」という気持ちがあります。

 もし、どんな選手でも2度目の戦いがあるのなら、次は僕のプロレスで戦います。ただプロレスと言うのは儚いもので、次に戦うのがいつになるか分からないし、基本1回戦えたらラッキーなんですよ。

 そういう意味では「僕が観ていたFMWのVHSの中に入り込みたい」という気持ちがありましたね。

ナレーター・実況・リングアナ・ラジオパーソナリティ・イベントMC。野球やカヌー等、スポーツ実況を担当しているうちに選手個人に興味を抱きライターを志す。アスリートの心の声を読者に届けるように取材します。