【東京女子 坂崎ユカ】「イッテンヨン」後楽園、同期決戦!(後編)

東京女子プロレス 1.4後楽園ホールで挑戦者・辰巳リカを迎え撃つプリンセス・オブ・プリンセス王者の坂崎ユカ。辰巳とは同時期に東京女子に入門。「ベルトを獲って有名になりたい」とライバル心剥き出しの挑戦者・辰巳に対して、至って冷静なチャンピオン・坂崎ユカ。新春大一番、戦いの行方は!

前編はこちらから

――試合前のルーティンはありますか?

坂崎ユカ(以下 坂崎):スイッチの切り替えが難しいんですよ。なのでアンモニアを吸っています。試合開始前に吸うとスイッチが入りますね(笑)。

――アンモニアですか!

坂崎:はい、アンモニアは吸います。

――匂いでスイッチを入れるレスラーの方に初めてお会いしました(笑)。ところで、こだわっている道具はありますか?

坂崎:コスチュームですね。ずっと履いている「かぼちゃパンツ」です。プロレスをしていて女子というと華やかさが大切だと思うんですけど、闘いの中で集中できない場面があるんですよ。例えば、アンダーが出てしまったり、コスチュームの生地が気になって動けないとかあると思うんですけど、それを防ぎたい。私は動きを見て欲しいので、「かぼちゃパンツ」にしていますね。

――2019年11月、中島翔子選手を破って2度目のプリンセス・オブ・プリンセス王座を戴冠しました。

坂崎:この時、すぐにでも防衛戦がしたかったです。ただ今年の1月、いきなり山下が挑戦して来たので、出鼻を挫かれたというか、つまずいたというか…勝ちましたけど(苦笑)。前回が防衛回数0だったので「最多防衛するぞ」という気持ちでした。

――チャンピオンになって変わった事はありますか?気持ちであったり、行動であったり。

坂崎:(少し考えてから…)チャンピオンになる前から、私は東京女子に恩があると思っています。常に「2013年に高木さんに拾ってもらった」という気持ちを持っています。ですから王者になったから気持ちや行動が変わった事はないですね。その前から動いています。

――新型コロナの影響で大会が中止になりました。有観客の試合が行われたのが6月でした。久しぶりにお客さんの前で行った試合はいかがでしたか?

坂崎:当たり前だと思っていたことが、当たり前じゃなくなった…有観客で行った最初の試合は「みんなも大変なはずなのに、なぜ東京女子に付いてきてくれるんだろう?」って、こちらも感謝の気持ちが強くなって、お客さんに対しての愛が深くなりました。

 強がりを言ってしまえば「無観客の時でも画面越しに見ていてくれる」と理解していたので試合は出来ましたけど、やっぱりお客さんがいてくれるのといてくれないのは全く違いますね。このような状況なので「声を出してくれる」とか「触れ合える」訳ではありませんが、いてくれるだけで安心できます。

ナレーター・実況・リングアナ・ラジオパーソナリティ・イベントMC。野球やカヌー等、スポーツ実況を担当しているうちに選手個人に興味を抱きライターを志す。アスリートの心の声を読者に届けるように取材します。