• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【DDTプロレス 竹下幸之介】秋山準を倒しD王GP2年ぶり2度目の頂点へ(後編)

【DDTプロレス 竹下幸之介】秋山準を倒しD王GP2年ぶり2度目の頂点へ(後編)

A・Bブロックに分かれシングルマッチを行うリーグ戦「D王 GRAND PRIX 2021」。その優勝決定戦で、秋山準と今年2度目のシングル対決を行う竹下幸之介。前回、秋山の「真にくる」攻撃に惜しくも敗れた。再戦直前、DDTの未来を背負う竹下は、いま何を思うのか…

前編はこちらから

――DDTサウナ部の活動はいかがでしょうか?

竹下幸之介(以下 竹下):サウナ部は間違いなく2021年、1番来ると思います。中でも勝俣さんは、今年大日本プロレスでデスマッチのメインの舞台に立って自信をつけています。自信というのは人のオーラすら変えますよね。

――僕は2020年DDTの中で、1番変わったのが勝俣選手だと感じました。

竹下:分かりやすく外見から変化しましたよね(笑)。

――ところで11.3大田区で秋山選手との戦いが終わって、11.22後楽園からD王GPが始まりました。竹下選手はAブロック。このリーグ戦を振り返って頂けますか。

竹下:初戦の佐々木さんとの戦いで左腕の筋断裂を二箇所して、左腕が動かなくなりました。その状態でテーピングもガチガチにして残りのリーグ戦を戦ったんですけど、正直勝ち上がれるとは思っていませんでした。「とってもラッキーマン状態」に入っていました(笑)。

 「この試合落としたら勝ち上がる可能性は0%になる」という試合で対戦相手のMAOが、最後の必殺技の時に足を滑らせて失敗し僕が逆転勝ちできたり。坂口選手の時は相手の膝蹴りに対して僕も膝蹴りで応戦したら、それがたまたま当たりが良くてKO勝ちになりました。これは「運が良かった」としか言いようがないですね。

ナレーター・実況・リングアナ・ラジオパーソナリティ・イベントMC。野球やカヌー等、スポーツ実況を担当しているうちに選手個人に興味を抱きライターを志す。アスリートの心の声を読者に届けるように取材します。