【DDTプロレス 遠藤哲哉】激動の2020年(後編)

いよいよ11/22後楽園ホールからDDTプロレスのシングルリーグ戦、「D王 GRAND PRIX 2021」がスタート。KO-D無差別級王者の遠藤選手、初戦の相手は“王道プロレス”秋山準選手。難攻不落・秋山選手の攻略方法はあるのか

<前編はこちらから>

――まもなく「D王GP 2021」がスタートします。今回、遠藤選手はBブロック。今年、対戦成績一勝一敗の樋口和貞選手や、DDT UNIVERSAL王座の上野勇希選手がいますが、意識している選手はいますか?

遠藤:僕は初戦の秋山準選手が、全てだと思っています。

――秋山選手が参戦されて半年が過ぎましたが、その間タッグで当たっただけですか?

遠藤:本当に一瞬だけですね。ただ対角線に立った時、オーラが1人だけ違いました。秋山さんは、身長188cm・体重110kgですが、数字以上にデカさを感じました。

――先日の大田区大会で秋山選手は、竹下選手を倒しました。その試合を観て秋山選手の攻略法は浮かびましたか?

遠藤:攻略法ですか…対戦相手を研究する時、次に闘う「対戦相手」ではなく、客観的に第三者目線で相手を分析して、頭の中でシミュレーションする事が多いです。

――それはプロレスを好きになったキッカケがプロレスゲームで、闘う姿を俯瞰して見ているからですか?

遠藤:あっ、それはあるかもしれないですね(笑)。秋山選手のことを俯瞰しながら、いろいろと考えていますが、頭の中で全然3カウント取れてないですね。シミュレーションですら勝てない。勝たせてくれないんですよ。

――竹下選手との戦いに決着をつけた秋山選手としては、KO-D無差別級ベルトに興味があると思います。また今回、遠藤選手はKO-D無差別級王者でありKING OF DDT 2020覇者。他の選手からすれば「D王GP」の優勝は阻止したいですよね。

遠藤:こんなに追われる立場になったのは人生で初めてですね。ただ、そこまでのプレッシャーはないというか、何とか自分を保ててますけど。この環境は自分が今まで体験した事がないので、いつ崩れるのか怖いですね。

関連記事