• HOME
  • 記事
  • バスケットボール
  • アンダーアーマー キッズデー 「子どもたちに特別な体験の場を提供したい」喜田剛氏のアイデアと抱く使命感(前編)

アンダーアーマー キッズデー 「子どもたちに特別な体験の場を提供したい」喜田剛氏のアイデアと抱く使命感(前編)

4/30(土)、Bリーグ第35節 ブレックスアリーナ宇都宮で行われた宇都宮ブレックス vs 千葉ジェッツの試合。この日は「アンダーアーマー キッズデー」と題したイベントが開催された。小学校3〜5年生と保護者の10組20名を対象に、試合前にアリーナを1周しながら試合の準備に向けた仕事を体験や見学をし、試合後には選手へのインタビューも行われた。今回はこのイベントなどについて、企画運営に携わった株式会社ドームでアンダーアーマーのマーケティングを担当する喜田剛氏のお話も交えながら紹介する。

(取材協力:アンダーアーマー 、文:白石怜平 以降、一部除き敬称略)

「子どもたちの感性を育みたい」喜田剛氏の発案から生まれたイベント

近年、アンダーアーマーはバスケットボールに力を入れている。NBAのスタープレイヤーであるステフィン・カリー(ゴールデンステート・ウォリアーズ)とコラボした”カリーブランド”を展開したり、現役Bリーガーを交えたイベントを行ってきた。

宇都宮ブレックスそして千葉ジェッツ2クラブの2021-2022シーズンにおいて、ステフィン・カリーの名を冠した「カリーシート」をホームゲームで設置。Bリーグの公式戦に子どもたちを無料で招待している。

昨年夏にはBリーグの契約選手に協力いただきオンライントークライブを開催し、子どもたちに向けて”夢”について語り合った。

そして今回の「アンダーアーマーキッズデー」は体験型のイベントとして企画された。プロバスケットボールの試合運営を行う過程を通じ新たな体験を積むことで、子どもたちの様々な感性を育みたいという願いが込められている。

これら施策はいずれも喜田の提案により実現したものである。喜田はかつて広島東洋カープなどで活躍した元プロ野球選手。現在は株式会社ドームでコンシューマー マーケティング部 エンゲージメントチームのチームリーダーを務めている。

いずれも共通するのは、子どもたちに向けた企画なことである。その意図を喜田はこう語った。

関連記事