俺達のFMW 新宿鮫編「第4回(最終回) 風化水脈」

伝説のインディー団体FMWの功績を選手や関係者の証言によって後世に語り継ぐ連載「俺達のFMW」。
初回はプロレスリングFREEDOMSのマンモス佐々木が登場し、貴重な証言の数々が飛び出した。2回目となる今回は、エンタメプロレス時代のFMWに現れたボクシンググローブとトランクスを見に纏った”空飛ぶボクサー”新宿鮫さんが登場。

<第1回はこちら>
<第2回はこちら>
<第3回はこちら>

新宿鮫(しんじゅくざめ) 本名 大角比呂詩
1964年5月6日東京都新宿区出身 185cm 78kg
1994年2月18日新格闘プロレス・後楽園ホール大会 VS田尻茂一
タイトル歴 WEW6人タッグ王座
得意技/ギャラクティカマグナム、新宿アッパー、ムーンサルト・プレス
※エンターテインメントプロレス時代のFMWに現れた空飛ぶボクサー。長年、ボクシンググローブとトランクスを着用してプロレス活動を行ったハードパンチャー。

さまざまな団体を転戦して末にFMWにたどり着いた新宿鮫さん。だが経営難により団体は崩壊。さらに荒井昌一社長、冬木弘道さんが相次いで逝去。残された者たちは自身の立ち位置でもがきながら各々の人生を歩んでいた。新宿鮫さんもその一人だ。自信を「FMWの外様」と語るほど、在籍歴は短いが、FMWへの思いは熱い。彼にとってFMWとは?

ーー新宿鮫さんは「翼をください」(ベースボール・マガジン社)という書籍で「俺が張った頃のFMWは一番濃いところにいた。FMWがなくなったけど、俺だってFMWの気持ちを持ってやっているから」というコメントを残していますが、FMWでの思い出についてお聞かせください。

新宿鮫:思い出はいっぱいあるんですけど、月一でスカパーのPPV中継が後楽園ホールであって、その場に出られたことですね。他の団体だと試合開始時間になっても始まらないことがあったりもしますが、FMWのPPV中継は、19時試合開始なら、すぐオンタイムで始まるじゃないですか。生放送で台詞をいう緊張感が凄かったんですね。あれはいい思い出ですね。俺は舞台にも出たことがあるんですけど、あれに似ていますね。

アルティクリーン|素敵本舗
人や動物、自然環境面にも全く安全で、無添加・無香料・無着色・ノンアルコール。除菌の効果は塩素の10倍とも言われている!

ーー確かにそうかもしれないですね。失敗が許されない場所ですからね。ちなみに新宿鮫さんが選ぶFMWベストバウトは何ですか?御侍史の試合でも他の選手の試合を選んでいただいても大丈夫です。

新宿鮫:黒田(哲広)と冬木さんがやったアイアンマン・マッチですね。あれは「凄いな」と思いました。1時間やって、よくできるなと。黒田とかもサウナで腕立て伏せとかやって、アイアンマン・マッチに備えていましたよ。あと、俺にベストバウトとかないですよ。ベスト演技はあっても(笑)。

1 2 3

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Share me!
  • URLをコピーしました!
目次