• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【2AW タンク永井】2AWは間違いなく面白い団体なので多くの人に見てもらいたい(前編)

【2AW タンク永井】2AWは間違いなく面白い団体なので多くの人に見てもらいたい(前編)

12/13タンク永井の引退が発表された。現在37歳、前2AWタッグ王者であり、まだまだ第一線で活躍できるレスラーだ。昨年末に取材した際は地元千葉への愛を語り、「プロレスで千葉を元気したい」と話してくれた。それなのにどうして「引退」なのか…その理由を聞いた。

――昨年の取材の際には、「まだまだプロレスで千葉を元気にしたい」と話してくれたのに、いきなりの引退発表で驚きました。まずは引退を決意したキッカケを教えて頂けますか。

タンク永井(以下 タンク):妻の美央(紫雷美央)が3人目を妊娠しました。1人目・2人目と違い、つわりが苦しそうでした。実は1人目も2人目も帝王切開。アイスリボンでコーチをしている美央は1人目・2人目の時、出産する前月まで自ら車を運転し埼玉にあるアイスリボン道場に行ってコーチ業をしていました。ただ今回は妊娠1ヶ月目から体調を崩しました。12月末時点で妊娠7ヶ月、以前の帝王切開の影響が出ていると思います。立ち仕事や車の運転が難しくなり、自分が家事をカバーしています。試合をして身体を痛めて帰宅しても家事や子供の世話をします。ふと「3人目が生まれ美央の体調が回復せず、自分が試合や練習で怪我をしたら家庭が回らなくなる」と考えました。それで会社に相談し引退することにしました。

――一時休業し家庭が落ち着いたらレスラーとして復帰する選択はなかったのでしょうか。

タンク:もちろん2AWからそのような提案を頂きましたし、美央からも言われました。ただ自分の中で2〜3年休んでレスラー復帰は考えられなかった。新弟子として1から練習して臨むくらいの気持ちがないと難しい。手を抜くわけではないですが、それなりのプロレスは出来るかもしれません。でも自分が思う「バチバチのぶつかり」が出来るかといえば…そんなにプロレスは甘くない。

こんな自分にも少なからず応援してくれるファンの方々がいます。その方々に自分が理想としている「バチバチしたプロレス」を届けたい。「引退」と言う形で最後の姿を見てもらいたいです。

関連記事