• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【大日本プロレス 橋本大地】佐藤耕平さんと試合することが、唯一 父・橋本真也を体感出来る方法

【大日本プロレス 橋本大地】佐藤耕平さんと試合することが、唯一 父・橋本真也を体感出来る方法

12.12後楽園ホールにてデビュー10周年記念興行「十元突破~tengentoppa~」のメインイベントで第19代王者 野村卓矢の持つBJW認定世界ストロングヘビー級王座に挑戦する橋本大地。“破壊王”橋本真也の長男としてZERO1のリング立ってから10年が過ぎた。大日本プロレス・ストロングヘビーの頂点とも言うべきタイトルマッチ直前、橋本大地に10年を振り返ってもらった。

――2011年にデビューして10年が経過しました。現在の率直な気持ちをお聞 かせください。

橋本大地:(以下 大地)本当に早い10年。自分がもうそんなにプロレスをやっているのかと思うと…まだ5年とか7年の感覚なので違和感を感じますね(苦笑)。でも、「まだ」10年ですから。

――2011.3.6 両国国技館 蝶野正洋さんがデビュー戦の相手でした。当時を振り返っていただけますか?

大地:…ほとんど覚えてないです(苦笑)。その日の朝、どんな感じで目が覚めて、どう会場入りして、どう入場したかとか…試合も断片的に覚えている感じです。試合中も周りは見えなくて蝶野さんと私、そしてレフェリー3人の世界。今思い返しても不思議な空間でしたね。

――その蝶野さんや武藤敬司選手は大地選手にとって、どのような存在なのでしょう?

大地:おじさんかな(笑)。1.4東京ドーム後、叙々苑でご飯を食べていたイメージ…違うかも知れないですね(笑)

――蝶野さんや武藤選手を「おじさん」と言えるのはプロレス界で大地選手だけですね(笑)。ところで最初に所属したのは「ZERO1」のリングです。橋本真也さんの付き人だった大谷晋二郎選手から学んだことも多いと思います。2011〜2014年、ZERO1で過ごした3年間で印象に残ったエピソードを教えてもらえますか。

大地:まずはデビュー前ですよね。私の場合は異例でデビュー戦の日程が先に決まっていました。体ができてないので、デビュー戦に向けての練習は地獄でしたね。例えるならドラゴンボールの「精神と時の部屋」かな(苦笑)。

その後デビューしてからは、とにかくガムシャラに試合や練習をしました。様々な選手と試合組んで頂きましたが、当時は「試合決まった、やるぞぉ!」って言うより「試合決まった。やらなきゃ…」でしたね(苦笑)。

関連記事