• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【プロレスリングWAVE 6.29蕨】コンプライアンス・ブロック公式戦 門倉凛 vs ハイビスカスみぃ

【プロレスリングWAVE 6.29蕨】コンプライアンス・ブロック公式戦 門倉凛 vs ハイビスカスみぃ

2年ぶり12回目の開催となったCATCH THE WAVE 2021。第5戦目となる6.29蕨大会。コンプライアンス・ブロックの最終戦、門倉凛、ハイビスカスみぃともにブロック優勝の可能性を残している。門倉は引き分け以上で優勝。みぃは勝利することが絶対条件。

コンプライアンス・ブロック公式戦(15分1本勝負)
門倉凛(3点)vs ハイビスカスみぃ(2点)

みぃは私服姿で入場、ざわつく会場。門倉は桃野美桜と組み6.27仙女新潟大会で橋本千紘・優宇が持つセンダイガールズワールドタッグを奪取。WAVE認定タッグ王座と合わせ二冠王者。門倉は、そのベルトを巻いて入場。

門倉はみぃの姿を見て「なんで私服なんですか?」と疑問を投げかける。

みぃ「話せば長くなるんですけど、ちょっとお時間よろしいですか?前回、前々回と私、忘れモノがメチャクチャ多くてごっつ怒られたんです。キャリア20年もなるのにまだ怒られるのか、と…どうしようかなと思って、いろいろ考えた結果…コスチュームを着るという概念を捨てまして。そうなると、私さえいれば正解なので、これでなんの不安もなくリーグ戦優勝することだけに集中できます!ただ私ホンマにこれで大阪から来て、このまま帰るんのであんまり(服を)汚したり、汗かいたりしたくないのがありまして、そこで相談なんですけど、あのちょっと腕相撲で…」と、そこで門倉の顔面蹴りがみぃに炸裂。

ドロップキック、ボディスラム3連発。みぃの私服を汚しにかかる門倉。門倉の攻撃に「来いよ!」と挑発するみぃ。門倉はフォアアームを叩き込みロープに走ると、これまでの蓄積されたダメージで倒れるみぃ。恐竜並みの神経の持ち主である。

関連記事