• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【プロレスリングWAVE 6.14蕨】コンプライアンス・ブロック 宮崎有妃 vs 梅咲遥

【プロレスリングWAVE 6.14蕨】コンプライアンス・ブロック 宮崎有妃 vs 梅咲遥

2年ぶり12回目の開催となったCATCH THE WAVE 2021。第3戦目となる6.14蕨大会は全4試合が行われた。各ブロックの優勝者には賞金50万円を贈呈。優勝決定戦は7.1新宿FACE。優勝者には波女の称号、レジーナへの挑戦権、そして賞金100万円が与えられる。

コンプライアンス・ブロック公式戦(15分1本勝負)
宮崎有妃(2点)vs 梅咲遥(0点)

宮崎有妃、ハイビスカスみぃ、門倉凛が2点で並んだコンプライアンス・ブロック。この試合が最終戦となる梅咲遥は2点が欲しいところ。

梅咲の入場時、奇襲攻撃をかけた宮崎。いきなり場外で「はずかし固め」を狙う。Tommyレフェリーがゴングを要請し試合がスタート。開始早々…

梅咲「0点なんですよ。0点でディアナに帰れない」

宮崎「わかってんだよ。熱い闘い見たいお客さんがいるの、わかってる。でもそれと同時にはずかし固めを期待してるお客さんがいるんだよ!」とアピールすると会場から拍手。

宮崎がはずかし固めに入るも、それを回避しリング下に逃げる梅咲。ひっそりと息を潜め、梅咲を待つ宮崎。共にリング内に戻ると梅咲がドロップキックを連発。そしてネックブリーカードロップから弓矢固め。しかし仕掛けた梅咲も苦しそう。宮崎をロープに固定しドロップキック、カウント2。

関連記事