• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【プロレスリングWAVE 6.14蕨】AWG王者 SAKI vs センダイワールドタッグ王者 優宇

【プロレスリングWAVE 6.14蕨】AWG王者 SAKI vs センダイワールドタッグ王者 優宇

2年ぶり12回目の開催となったCATCH THE WAVE 2021。第3戦目となる6.14蕨大会は全4試合が行われた。各ブロックの優勝者には賞金50万円を贈呈。優勝決定戦は7.1新宿FACE。優勝者には波女の称号、レジーナへの挑戦権、そして賞金100万円が与えられる。

ガトリング・ブロック公式戦(15分1本勝負)
SAKI(0点) vs  優宇(2点)

初戦・野崎渚に敗れ勝ち星が欲しいSAKI。だが相手は現在、パートナー橋本千紘とタッグ「チーム200kg」でセンダイガールズワールドタッグチャンピオンに君臨する優宇。ガトリング・ブロック単独首位の野崎(3点)を追う。

是が非でも2点が欲しいSAKIの奇襲から試合はスタート。優宇が逆水平チョップを放てば、SAKIは顔面へのビッグブーツ。両者一歩もひかない。優宇のチョップ音が会場に響き渡り、一瞬マットに膝をつくSAKI。優宇の挑発に首を振りビッグブーツでやり返す。

ロープに走るSAKIをタイミング良く待ち構え、優宇は旋回式サイドバスター、セントーンでカウント2。SAKIもカニばさみから形勢逆転。リバーススプラッシュ2連発からコーナー。だがSAKIが背を向けた瞬間、優宇に抱えられコーナーに投げられる。

関連記事