【プロレスリングWAVE 6.8蕨】既婚者対決 渡辺智子 vs YAKO

2年ぶり12回目の開催となったCATCH THE WAVE 2021。第2戦目となる6.8蕨大会は全4試合が行われた。各ブロックの優勝者には賞金50万円を贈呈。優勝決定戦は7.1新宿FACE。優勝者には波女の称号、レジーナへの挑戦権、そして賞金100万円が与えられる。

CATCH THE WAVE ジェラシー・ブロック公式戦(15分1本勝負)
渡辺智子 vs YAKO

開幕戦6.1新宿大会で同じジェラシーブロックの桜花vs渡辺戦の試合後、桜花に結婚指輪を見せつけたYAKOと、初戦桜花に敗れ黒星スタートの渡辺との一戦。

ゴングと同時に飛び出したYAKOは渡辺にヒップアタック。そしてロープに振ろうとするが体を入れ替え渡辺はショートレンジ・ラリアット、カウント2。

YAKOはロープに走りタックルを連発するが、3回目は渡辺が読んでカウンターのラリアット。だがYAKOもヒップアタックで返しDDTからフォール、しかし渡辺の足がロープにかかる。今度は鎌固めで渡辺を捕獲。しかし一瞬の隙をつき渡辺は変形のアームロック。これはYAKOがエスケープ。ロックアップから、渡辺はダブルリストアームサルトでカウント2。そしてキャメルクラッチでYAKOの上半身をミシミシと音を立てる。

仰向けのYAKOにセカンドロープの反動をつけてバックエルボードロップ、渡辺のサソリ型めがガッチリ決まる。YAKOは必死に右手を伸ばしロープブレイク。そしてロープにもたれ掛かるYAKOに張り付けラリアット。カウント2。ぐったりとしたYAKOにサーフボードストレッチ、ボディシザース。そしてYAKOの頭にかかと落としと攻撃の手を緩めない渡辺。

関連記事