• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【プロレスリングWAVE 6.8蕨】波女初制覇を目指す 野崎渚 vs WAVE認定タッグ王者 青木いつ希

【プロレスリングWAVE 6.8蕨】波女初制覇を目指す 野崎渚 vs WAVE認定タッグ王者 青木いつ希

2年ぶり12回目の開催となったCATCH THE WAVE 2021。第2戦目となる6.8蕨大会は全4試合が行われた。各ブロックの優勝者には賞金50万円を贈呈。優勝決定戦は7.1新宿FACE。優勝者には波女の称号、レジーナへの挑戦権、そして賞金100万円が与えられる。

CATCH THE WAVE ガトリング・ブロック公式戦(15分1本勝負)
野崎 渚 vs 青木いつ希

開幕戦6.1新宿大会は、ピアレスティーンズロードのパートナーであるSAKIに勝利し白星発進の野崎。試合後のマイクで「2年前、Catch(CATCH THE WAVE)の決勝(※彩羽匠に敗北)でメッチャクチャ悔しい思いをしました。今回その悔しさを最高の思い出で塗り替えたいと思います」と語った。青木との一戦はブロック優勝を左右する重要な試合

青木は前回の優宇戦を落としている。ブロック優勝の可能性を残すには野崎に負けることはできない。

手を差し出し「宜しくお願いします!」と青木独特の挨拶に野崎は少し戸惑いながら握手。ロックアップから青木はヘッドロック、野崎をロープに飛ばしショルダータックルで吹き飛ばす。「行くぞ行くぞ行くぞ」と気合十分の青木。

コーナーホイップから串刺しビッグブーツ。青木の首を捉えハーフハッチはカウント2。そしてキャメルクラッチからクロスフェースで青木を攻める。

青木はロープエスケープするが攻撃の手を緩めない野崎。リバース・インディアンデスロックから鎌固め、スリーパー。不敵に笑い青木を攻める。長い足を利用して大外刈りからダイヤル固め。グッタリする青木にスリーパーホールド。左足をロープにかける青木。

野崎はセカンドロープにもたれ掛かる青木にフロントキック。そしておしゃれキックを放つが青木にキャッチされる!

「宮崎さんが何かしようとしている」と叫び、Tommyレフェリーの注意をそらし、低空ドロップキック。そしてまた「宮崎さんが〜」と叫び、紐で野崎の右足をサードロープに巻きつけ攻める。

関連記事