• HOME
  • 記事
  • 格闘技
  • 【BELLATOR ランペイジ・ジャクソン】「お辞儀の文化に触れ、俺は変わった」

【BELLATOR ランペイジ・ジャクソン】「お辞儀の文化に触れ、俺は変わった」

桜庭和志、石川雄規、佐竹雅昭、ミノワマン、石井慧など、多くの日本人と対戦してきた総合格闘家クイントン・”ランペイジ”・ジャクソン。PRIDE初参戦で、桜庭和志と戦い敗れはしたものの、高い評価を獲得。リングネームの「ランペイジ」のごとく、リング上で激しく暴れまわるファイトは、多くの日本人ファンの心に刻まれている。そのジャクソンが12月29日「BELLATOR JAPAN」で、“氷の皇帝”エメリヤーエンコ・ヒョードルと相対することとなった。場所は「さいたまスーパーアリーナ」、ジャクソンがPRIDE初参戦した思い出の地だ。そんな歴史的な一戦を前に、ヒョードルへの印象や、日本に対する熱い想いを聞くことができた。

――久しぶりに日本で試合をする、今の心境を教えてください。

ジャクソン本当に日本に戻って来ることができて嬉しいよ。今回、さいたまスーパーアリーナで戦えるということで、ヒョードルとの試合をOKしたんだ。当初、BELLATOR側はヒョードルとの試合を日本以外で予定していたが、「日本は俺にとってフェイバリットな場所だ」と言ったら、BELLATOR側がその意見を受け入れてくれたんだ。 

――そうだったのですね。日本のファンからは、ジャクソン選手は首から太い鎖をかけ、犬のような遠吠えをして入場するイメージがあります。

Thumb dsc 0597

ジャクソン29日も、そのイメージ通りの姿をお見せできるかもしれないな(笑)。自分の星座が双子座ということもあり、2つの顔を持っているんだ。

一つは普段の「クイントン・ジャクソン」という顔、そしてもう一つは「”ランペイジ”」が加わったファイターとしての顔さ。29日リングに上がる時は”ランペイジ”の顔を皆さんにお見せしたいと思っている。 

――過去、ジャクソン選手は桜庭和志選手や佐竹雅昭選手など、数々の日本人ファイターと対戦してきました。日本人ファイターに対する印象を教えて下さい。

ジャクソン日本人に関してはタフな選手が多い印象を受けた。ハートも強いし、何より最後の最後まで試合を諦めない強い精神を持っている。そして自分を支えてくれる人を代表して、試合に臨んでいるという気持ちが伝わるんだ。 

ナレーター・実況・リングアナ・ラジオパーソナリティ・イベントMC。野球やカヌー等、スポーツ実況を担当しているうちに選手個人に興味を抱きライターを志す。アスリートの心の声を読者に届けるように取材します。