【DDT 竹下幸之介】4人の戦いなら現在進行形のプロレスが魅せられる!

――戦ってみたい選手はいますか?

竹下:去年、樋口に負けているんですよ。2月のEruptionとのタイトルマッチも、僕が樋口に負けている。だから一発返したいですね。

 あと初出場が火野裕士さんか…火野さんとはシングルで戦ったことがないので楽しみですね。僕は力に自信がありますが、火野さんはパワーで絶対に勝てない相手です。

 ここ数年戦って「パワーで100%勝てない」と思ったのは大日本プロレスの関本大介さん、岡林裕二さん、そして火野さんですね。中でも1番パワーが凄いと感じたのは火野さんかもしれない。

 逆に言うと、他の部分で戦略を練るのは僕の得意なところでもあります。体格の小柄な選手だと戦略が失敗した時、力でどうにかなる場合もあります。でも、火野さんにはそれが通用しないので、僕が成長できる可能性がありますね。

 あとThe 37KAMIINAのメンバーも出場します。組んでいると戦うチャンスがないので、もし対戦したらこの機会にボコボコにしておこうかと(笑)。

――昨年末のD王GPでMAO選手と戦いました。

竹下:あの時はギリギリで勝ちました。MAOも成長著しいので、今戦ったらどうなるのか分からないですね。

 4月のAEW参戦からモチベーションの高い状態が続いています。スイッチを入れ直して8.21富士通スタジアム川崎のビッグマッチまで、この気持ちを継続して行きますよ。

<インフォメーション>
6.6さいたまスーパーアリーナにてCyberFightグループのDDTプロレスリング、プロレスリング・ノア、東京女子プロレス、ガンバレ☆プロレス4団体のプロレス・フェス「CyberFight Festival 2021」が開催される。プロレス業界大注目のイベント!
そして6.10新宿FACEから「KING OF DDT 2021」がスタート。2019年優勝した竹下幸之介選手、果たして2年ぶりの優勝なるのか!
詳細はDDTプロレスリング公式サイトをご覧ください。

また6.6さいたまスーパーアリーナは動画配信サービスWRESTLE UNIVERSEで独占生配信されます。

竹下幸之介 Twitter
The 37KAMIINA Twitter

取材・文/大楽 聡詞
写真提供/DDTプロレスリング

関連記事