【DDT 竹下幸之介】4人の戦いなら現在進行形のプロレスが魅せられる!

6.6さいたまスーパーアリーナにてCyberFightグループのDDTプロレスリング、プロレスリング・ノア、東京女子プロレス、ガンバレ☆プロレスの4団体による合同興行『CyberFight Festival 2021』が開催される。3大タイトルマッチが行われるが、やはり注目は対抗戦、DDT竹下幸之介・上野勇希とNOAH清宮海斗・稲村愛輝のタッグ対決!ともに団体の未来を背負う選手たち。大会直前、他団体との対抗戦に並々ならぬ思いを持つ竹下は何を考えているのか。

――6.6さいたまスーパーアリーナ「CyberFight Festival 2021」で対抗戦が行われます。竹下選手はThe 37KAMIINAの上野勇希選手と組んで、NOAH清宮海斗選手・稲村愛輝(よしき)選手と対戦ですね。この試合に向けてモチベーションはいかがですか?

竹下:そうですね、(少し考えて…)モチベーションは高いですね。ただ対戦が発表された時から熱量は、あまり変わってないです。僕はさいたまスーパーアリーナのメインイベントが良かったんですけど(苦笑)。

――対戦が発表された記者会見の時、「このタッグがメインに来ればいい」と発言されていましたね。

竹下:「メイン良かったけど、竹下と上野のタッグ見応えあったね」と言われるように、その日の1番を取りに行きたいです。

 もちろん、僕自身が1番輝くというのもそうですし、タッグの試合が1番面白かったと言ってもらいたい。この4人の戦いなら、今までのプロレスではなく「今のプロレス」、現在進行形の「ナウい」プロレスで凄い試合が魅せられると思います。

――注目度が、かなり高いカードだと思います。

竹下:注目度の高い試合って僕の中でどっちかなんですよ。「良い」か「悪い」か。注目度が高い分、「まあまあ良かった」なんて絶対にないですね。

 皆さんの期待値を超えるつもりでいますけど、パートナーも含めて他の3人がどれだけの気持ちで臨んでくるのか。稲村選手はデビューして3年、上野と清宮選手はタイトル戦も経験していますし、大きな会場でも戦っている。ただ「これまでのビッグマッチと同じ気持ちで頑張るぞ」くらいではダメだと思います。

 僕はさいたまスーパーアリーナのメインに立ったし、両国のメインのリングにも立ちました。しかし今回の対抗戦は異質で、何よりもチャンスだと思います。全員とは言わないまでも、かなりの数のプロレスファンに注目される大会です。

 この試合で評価がイマイチだったら出世は遅れるでしょうし、評価が上がったら頭一つ抜けることができる。長いプロレス人生の中でターニングポイントになる試合だと思いますね。

 僕は4月に人生を変える気持ちで、米国プロレス団体AEWに行き3試合戦いました。6月の「CyberFight Festival 2021」も、それと同じように人生が変わる戦いだと考えています。

関連記事