• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【天龍プロジェクト 新井健一郎】今、ベーシックのことだけでプロレスをやりたい

【天龍プロジェクト 新井健一郎】今、ベーシックのことだけでプロレスをやりたい

5.25新木場1stRING「天龍プロジェクトpresents『SURVIVE THE REVOLUTION  Vol.3』にて全8選手参加、IJシングル次期王者決定トーナメント一回戦が行われた。新井健一郎(DRAGON GATE)は菊タロー(フリー)を下し準決勝進出。

天龍に直訴してIJシングル次期王者決定トーナメントへの参加が決まった菊タロー。対する新井健一郎は、今月HEAT-UPのTAMURAに勝利し、HEAT-UPユニバーサル&PWL WORLD CHAMPIONSHIPを奪取、現2冠王者。

2012年以来の対決となった両者。試合前、IJシングルへの想いを熱く語った新井健一郎の映像が流れる。

新井はラフファイトを封印しクリーンな立ち上がり。菊タローが新井の左腕を締め上げる。レフェリーの目を盗み主導権を奪う新井。そして徐々にラフファイトを織り交ぜた攻撃に。

お笑いプロレスを封印しクラシカルな技を繰り出す菊タロー。実況席に座る天龍の目の前で逆水平からグーパンチを放つ。

最後は菊タローのサムソンクラッチを切り返し、新井が丸め込んでカウント3を奪った

試合結果:○新井健一郎 vs 菊タロー× 12:47 サムソンクラッチを切り返し→エビ固め

関連記事