【DDTプロレス 勝俣瞬馬】DDT EXTREMEのベルトの価値を上げていきたい(後編)

2020年、大日本プロレスの最俠タッグトーナメントに参戦し準優勝。2.7湯けむり天然温泉プロレスで、高木三四郎、ばってん×ぶらぶらとの3WAYマッチを制し待望のシングルベルトDDT EXTREME級王座を初戴冠。今DDTでノリに乗っている選手の1人だ。その勝俣は2.28後楽園ホールにてDDT EXTREME級王座をかけてDDTサウナ部のMAOと同門対決を行う。

前編はこちらから

――勝俣選手は、いつ頃からサウナに興味があったのですか?

勝俣瞬馬(以下 勝俣):以前、DDTが運営しているベストストレッチで働いている時、平田一喜さんから「サウナと水風呂は健康に良いよ」と教えて貰いましたが、ハマるほどではなかったです(苦笑)。

 2019年7月熊本大会の時、竹下(幸之介)に西の聖地と言われるスーパー銭湯「湯らっくす」があるから行こうと誘われました。当時、竹下が「サ道」というサウナ好きのドラマにハマっていました。

 そして「湯らっくす」に一緒に行った時、サウナの入り方やアウフグースという蒸気を熱波師により扇がれ、熱い空気を浴びることを体験しました。それから東京に戻ってきて、都内の色々なサウナに行くようになりました。だからサウナ好きになって、まだ1年半位ですね。

――好きなことが仕事になるって、すごいことですよね。

勝俣:初めて熱波師を見た時、プロレスを初めて見た時と同じ感動を受けたんです。「メチャクチャ、俺も扇ぎたい」と(笑)。

 その後、熱波師の資格やサウナ・スパプロフェッショナル、サウナスパ健康アドバイザー等、資格を取得しました。

――熱波師は大きなタオルで扇いでくれる人ですよね?

勝俣:そうです。僕は10代の頃から好きなことを仕事にしたいと思っていました。それでプロレスが好きでプロレスラーになりました。サウナも好きになって「これは仕事にしたい」と思ったらオーナーさんとの出会いがあった。

――DDTは選手の思いを汲んでくれる団体ですよね。団体内で「DDTサウナ部」を作ることもスゴイですし、好きなサウナを仕事にしたいと夢を形に変えることも素晴らしい。この1年、勝俣選手には驚かされることばかりです(笑)。

勝俣:もはやレスラーなのか、サウナ屋さんなのか分からないという(笑)。

――その勝俣選手のサウナ好きがプロレスに反映されたのが、2.7熊本城天然温泉 城の湯での「湯けむり天然温泉プロレス」でしたね。45分間の死闘で、高木大社長が後半苦しそうでした(苦笑)。

勝俣:高木さんがバテてたところ、最後サウナ室で戦い追い討ちをかけたという(苦笑)。

――あれだけ広い施設で、高木さん・ばってん×ぶらぶら選手と3WAYマッチを行っていかがでしたか

勝俣:メチャクチャ楽しかったですね(笑)。路上プロレスや広い場所は、「プロレス頭」が試されるんです。戦うだけではなく、一つ一つの行動だったり言葉だったり。

 今回は城の湯さんのロケーションに、高木三四郎・ばってん×ぶらぶら・勝俣瞬馬という3人がピタリとハマったと思います。だから45分間という戦いが成立しましたね。

関連記事